Funds基礎知識

【画像37枚付き】初心者のためのFunds(ファンズ)口座開設の手順と始め方

貸付ファンド投資fundsの口座開設手順・始め方

さまざまな貸付ファンドに投資ができるオンラインマーケットとして、株式会社クラウドポートが2019年1月にスタートしたFunds(ファンズ)。

他のソーシャルレンディングと違い、投資先や資金の流れるルートが開示されていることや、ファンド組成企業などの審査に力を入れていることなどから、投資家の間でも高い評価を得ています。

1円から投資ができ、出金手数料が無料なことに加え、運営中の手間がほとんどかからないので、初心者の方にもオススメのサービスです。

今回は、そんなFunds(ファンズ)の口座開設の申込み方法を、分かりやすくご説明したいと思います。

スマホからの手続きのご説明になりますが、パソコンからの手続きもスマホとほぼ同じになっています。

\1円から優良企業へ貸付投資/ 貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」で、こだわりの投資先ファンドを探す

クラウドポートとは?Fundsの特徴・メリット・注意点は?
評判のFunds(ファンズ)の仕組みをわかりやすく解説!運営のクラウドポートとはどんな企業?株式会社クラウドポートが運営する、個人向けの貸付ファンドオンラインマーケットFunds(ファンズ)とはどんな仕組みなのでしょうか。 ...
Funds(ファンズ)ファンド組成企業の選び方
評判のFunds(ファンズ)におけるファンド組成企業の選び方とは?Funds(ファンズ)のファンド組成企業の選択については、クラウドポート社内でも、案件を発掘してからファンドとしてリリースするまで、3段階程度の審査を経る必要があり、かなりリスクヘッジをしています。 どのような手続きなのか、ファンド組成採用の最終ジャッジは誰なのか??、詳しくは記事をご覧ください。...

まずは新規会員登録からスタート!(所要時間5分)

口座開設の申し込みをする前に、Fundsの新規会員登録をします。

>>Funds公式サイトへ

もしこの画面が出てきたら、『 閉じる 』をクリックして大丈夫です。

 

funds口座登録開始

今すぐ無料で口座開設 』をクリック

ファンズ口座登録開始

メールアドレスの確認

メールアドレスパスワードを入力します。

ファンズ、メールアドレス、パスワードの登録

もう一度パスワードを入力し、『 新規会員登録 』をクリック

ファンズ、パスワード確認、新規会員登録

入力したアドレス登録確認メールが送られてきますので、こちらの画面は閉じて大丈夫です。

※もしメールアドレスの入力が間違っていたら、ここでメールアドレスを入力し直すことが出来ます。

ファンズ登録確認メール送信

送られてきたメールを開き、『 メールアドレスを確認 』をクリック

ファンズ、メールアドレスの確認依頼

メールアドレスパスワードを入力し、『 ログイン 』をクリック

ファンズログイン画面、メールアドレスとパスワードの入力

これで会員登録は完了です。続いて口座開設のお申込みになります。

口座開設をする 』をクリック

ファンズ会員登録完了

口座開設のお申し込み(所要時間5-10分)

いよいよ口座開設のお申込みとなります。

お申込みの最中は、入力の途中でも内容を保存して途中から再開することができるので、安心して入力ができます。

ファンズ、氏名登録

お客様情報入力

まずは基本情報として、氏名フリガナ生年月日電話番号職業住所を入力します。

ファンズ、氏名、フリガナ、生年月日登録 ファンズ、郵便番号、住所登録

つぎに投資家適合性の確認として、年収金融資産お取引の目的投資資金の性格を入力します。

ファンズ、投資家適合性、年収、金融資産、取引の目的登録

投資経験の有無を選択します。

ファンズ、投資経験の登録

投資経験ありの方は、『 あり 』を選択し、投資経験のあるものを選択します。
※複数選択が可能です。

ファンズ、投資経験の登録

投資経験がない方は、『 なし 』を選択します。

ファンズ、投資経験の登録

外国PEPsに該当しないことの確認として、『 私は、外国PEPsに該当しません 』をクリックします。

外国PEPsとは、外国の政府等において重要な公的地位にある方をいいます。

外国の元首や、日本における内閣総理大臣、衆議院・参議院議長、最高裁判官などに相当する職についている方、もしくはかつて重要な公的地位にあった方、またはその家族の方も外国PEPsの対象となります。

ファンズ、外国PEPsに該当しないことの確認

出金口座情報を入力していきます。金融機関の『 選択する 』をクリック

ファンズ、金融機関名、口座種別、口座番号、口座名義登録

住信SBIネット楽天三菱UFJ三井住友みずほゆうちょに口座をお持ちの方は、それぞれの金融機関をクリック

上記以外の金融機関に口座をお持ちの方は、『 上記以外の金融機関から選択する 』をクリック

ファンズ、金融機関の選択

上記以外の金融機関から選択する 』を選択された方は、赤枠で囲んだ所に金融機関名を入力して検索します。

ファンズ、金融機関の選択

金融機関を選択し、『 次に進む 』をクリック

ファンズ、金融機関の選択

つぎに、支店を検索します。

ファンズ、金融機関の選択

支店を選択し、『 完了 』をクリック

ファンズ、金融機関の選択

口座種別口座番号(7桁)口座名義を入力していきます。

口座名義は、口座を開設する本人と同じ名義の銀行口座のみ登録することができます。

ファンズ、口座種別、口座番号、口座名義登録

お客様情報入力は以上になります。
次へ 』をクリック

ファンズ、口座登録

重要書類への同意

重要書類の確認です。『 タップして確認 』をクリック

ファンズ、重要書類への同意

閉じる 』をクリック

ファンズ、磁的方法による交付等に関する同意書

上記の内容を確認し、同意します 』にチェックを入れ、
次へ 』をクリック

ファンズ、重要書類、同意確認

本人確認書類提出

下記のいずれかの書類を本人確認のための書類として提出します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(写真あり)
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 印鑑登録証明書(発行から6ヶ月以内)

提出する書類を選択します。

ファンズ、本人確認書類の選択 ファンズ、本人確認書類の選択

選択した書類をアップロードしていきます。『 選択する 』をクリック

ファンズ、本人確認書類のアップロード

運転免許証を選択された方で、住所変更がある場合は、運転免許証の裏面もアップロードします。
選択した書類をアップロードしたら、『 次へ 』をクリック

ファンズ、本人確認書類のアップロード

マイナンバー提出

つぎにマイナンバーを提出していきます。

マイナンバーがお手元にない場合は、後から提出することもできるのでご安心ください。

ファンズ、マイナンバーの登録

マイナンバーを入力し、マイナンバーカード(写真あり)か、マイナンバー通知カード(顔写真なし)のどちらか提出する方を選択します。

ファンズ、マイナンバーの登録

選択したマイナンバー確認書類をアップロードします。

※マイナンバー通知カードは、マイナンバーの確認にのみ利用しているので、住所変更があった場合でも、裏面のアップロードは必要ありません。

ファンズ、マイナンバー確認書類アップロード

本人確認書類とマイナンバー確認書類のアップロードが終われば、『 次へ 』をクリック

ファンズ、マイナンバー後日送付

以上で口座開設のお申込みが完了です。

ご本人様の住所確認のため、後日、運営会社のクラウドポートよりウェルカムレターが届きます。

閉じる 』をクリックすると、マイページに移動します。

ファンズ、口座開設完了

マイページ

お申し込み後のマイページでは、口座の開設状況が確認できます。

ウェルカムレターの到着後、運営会社のクラウドポートで処理が完了すると、口座開設完了となります。

ファンズ、マイページ ファンズ、マイページ

まとめ

Fundsは新規会員登録から口座開設のお申込みまでのステップが簡易的で、あっという間に手続きが完了します。

入力の途中で保存機能があり、入力を間違えても訂正しやすいので、初めての方も安心して手続きを進めることができます。

Fundsがリリースしている案件は、募集開始から瞬間で完売となっており、これからリリースされる案件も同じように高い人気が予想されます。

次の募集開始までに、ぜひ口座開設のお申込みを完了しておきましょう!

\1円から優良企業へ貸付投資/ 貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」で、こだわりの投資先ファンドを探す

 

Funds(ファンズ)×デュアルタップとは(ファンド組成企業)合同セミナーレポート有り
【Funds(ファンズ)】ファンド組成企業の「デュアルタップ」とは?評判は?貸付ファンドのオンラインマーケットであるFunds(ファンズ)。 大元のクラウドポート自体の運営能力と、ファンド組成企業の安全性がカギとなります。今回は、そのファンド組成企業のひとつである、デュアルタップを取り上げます。他ブログには無い、Funds×デュアルタップ合同セミナーでの1次情報も記事化していますよ!...
Funds組成企業イントランスとは?
【Funds(ファンズ)】ファンド組成企業の「イントランス」!古民家宿泊事業案件の評価は?様々な貸付ファンドに投資できるオンラインマーケットのFundsが、クラウドポートによりリリースされています。 今回の記事では、そのファ...