Funds基礎知識

【funds×Kudan】SLAM技術(AR/VRなどの空間位置認識)企業に貸付ファンドで投資できる!

KUDAN(AR・VR・空間認識・位置認識技術)×Funds組成企業の覚書締結!

様々な貸付ファンドに投資できるオンラインマーケットのFunds、新規案件がどんどんリリースされています。

この記事では、そのファンド組成企業に向けた覚書を締結した、とリリースされた、Kudanを取り上げます。

この記事でわかること
  1. Fundsのファンド組成企業(予定)「Kudan」とは?
  2. 「Kudan SLAM」とはそもそも何??
  3. 今回のKudan案件への投資判断は?
    →「有り」※AR/VRなど先進事業にリスク少ない貸付ファンドの形で投資したい方向け

Funds公式サイトでファンド内容の詳細を確認してみる

ARのイメージ

現実の空間に見えない情報を、スマホなどの画面を通じて、その現実空間を拡張し情報を盛り込み、伝えることができたりするAR/VR技術。

身近なものとしてはポケモンGOやドラクエウォークがあげられるかもしれませんね。
社会現象になるほど人気です。

googleでも、「犬」「猫」などの動物も3D化し、ARで自宅に呼び出すことができるように、既になっているんですよ!(ご存知でしたか?)

「馬」とか「ライオン」もGoogleってみてくださいね。

ARとは「Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)」の略で拡張現実とも呼ばれる技術です。

VR技術はすべてがバーチャルで構成されたクローズドな空間ですが、AR技術は現実の世界にバーチャル情報を重ねるという技術
現実世界にプラスアルファしたものがARです。

AR・VR、ともに成長していく業界でしょう。

今回、貸付ファンド投資の、Fundsでファンド組成のための覚書締結を交わした「Kudan」は、AR/VR技術に独自の空間認識技術を組み合わせた事業を展開しています。

機械の眼

「機械の眼」ともいわれる人工知覚アルゴリズムを専門とする企業とは、今までの不動産を中心としたFundsラインナップから、ガラリとチョイスを変えてきましたね(笑)。

今回のFundsでのファンド組成における詳しい内容は後報が待たれるところですが、そもそもKudanはどのような企業なのかくわしく見ていきましょう。

Funds初の「ハイテク」な企業でのファンド組成は楽しみとしか言いようがありません。
(下記はイメージ)

乗り遅れないようにしたいところですね!!

AR・VRのイメージ

 

\「1円」からできる貸付ファンド投資!/ 「Funds(ファンズ)」へ無料会員登録し、「1円」から投資可能なAR・VR事業案件を探す

Funds(ファンズ)貸付投資のメリット・デメリット・実績・キャンペーン情報・優待情報
【儲かる?ブログで実績公開】投資初心者に評判のFunds(ファンズ)キャンペーンや優待とは?メリット・デメリット・口座開設の手順と始め方も解説!Funds(ファンズ)は他のソーシャルレンディングと違い、投資先や資金の流れるルートが開示されていることや、ファンド組成企業などの審査に力を入れていることなどから、投資家の間でも高い評価を得ています。この記事では仕組みやメリット・デメリット・キャンペーン情報や口座開設の申込み方法まで、分かりやすくご説明したいと思います。スマホからの手続きのご説明になりますが、パソコンからの手続きもスマホとほぼ同じになっています。...

Fundsがどのようにこのファンド組成する企業を選んでいるか、は直接運営元のクラウドポート社の藤田社長にインタビューしています。

Funds(ファンズ)ファンド組成企業の選び方
評判のFunds(ファンズ)におけるファンド組成企業の選び方とは?Funds(ファンズ)のファンド組成企業の選択については、クラウドポート社内でも、案件を発掘してからファンドとしてリリースするまで、3段階程度の審査を経る必要があり、かなりリスクヘッジをしています。 どのような手続きなのか、ファンド組成採用の最終ジャッジは誰なのか??、詳しくは記事をご覧ください。...

Kudan(マザーズ上場:証券コード4425)とは

Kudan株式会社

Kudan Limitedとはイギリス西部ブリストルで2011年に創業された会社です(2014年、日本にてKudan株式会社を設立)。

Kudanはカメラ画像を用いる、独自開発の空間認識技術を持っており、AR・VRや自動運転、ドローンに産業用ロボット・パーソナルロボットなどの、位置認識や空間認識に関する各種の事業を開発する企業向けに、その認識技術を開発キットの形で提供するビジネスをしています。

Kudan独自の空間認識技術は「KudanSLAM(クダン・スラム)」と名づけられ、高速かつ低負荷でデバイスの自己位置認識と周囲の地図がつくれるようになりました。

車に取り付けたカメラが道路を認識して地図を作成しています。

ロールプレイリングゲーム(RPG)には、操作するキャラクターがダンジョンの中を通ってマップができあがっていくものがありますが、それと似ているのではありませんか?

ゲームの世界が現実になっていますね。

今回のFundsでのファンド組成における目的や、Kudan自体がどのような企業なのか見ていきましょう。

Kudanは、AR/VRなどの技術開発を展開しており、今回のFundsでのファンド組成に向けた覚書を締結

KudanはFundsを活用して、より一層の事業拡大を予定しています。
ARの技術はガイドやゲーム以外に、企業広告としても活用可能です。

少し前にバーガーキングが競合相手の広告にスマホを向けると広告が燃え上がり、自社のクーポンがARであらわれるという少し過激な宣伝に打って出ていましたね。

また、北欧テイストで人気のIKEAでは、家具をバーチャル設置できるアプリを開発しましたね。

これまでメジャーと想像力で家具を選択していましたが、より具体的にわかるようになりました。

AR/VR技術は他にも応用可能!
ファンド組成での事業拡大は楽しみですね。

今後、Funds内で利回りなどの条件が明らかになっていくでしょう。

【企業情報】

今回の借り手Kudan株式会社

財務状況を確認する(決算説明資料2019.03)

ファンド組成企業Kudan Funds株式会社
※今回のファンド組成のための事業会社
設立2014年11月19日
資本金約4億8千万円
代表者大野 智弘
上場マザーズ上場(証券コード:4425)
特記事項特になし

Funds公式サイトでファンド内容を確かめてみる

Kudan SLAMとは?

KUDAN SLAMのネットワークイメージ

SLAMとは「Simultaneously Localization and Mapping」の略で、カメラなどから得た情報をもとに、自己位置の推定や地図作成を同時に行うシステムです。

自立移動するロボットなどに活用されており、身近なものではロボット掃除機に組み込まれています。
掃除をしながら部屋の地図をつくり、効率よく掃除をしていますね。

Kudanが独自に開発をしたKudan SLAMは高速・高精度なのに低負荷!カメラからの情報で自己認識とまわりの3D地図を作成します。

車に取り付けて移動すれば、移動するだけで街が正確な3Dになるわけです。

精度が高くても情報が重かったら、デバイスが正確に起動しない可能性もありますKudan SLAMは低負荷のため、様々なデバイスとの組み合わせが期待されているのです。

Kudan SLAMの利用例

将来的には、ドローンに組み込めば災害等の際に即座に地図を作ることができるのでは……?

Funds公式サイトでKudanファンド内容詳細を確認する

Fundsへの登録や口座開設は無料で、かつ何と「1円」から投資できる手軽かつリスクが抑えられた資産運用は、他の追随を許さない状態です。

留意点としては、口座開設の手順の中には、最後「簡易書留」でのウェルカムレター受け取りをする必要があります。

ここで少し時間が、、いわゆる「書類の到着待ち期間」が発生します・・。

案件がリリースされてから口座開設していては遅いので、早め早めのFunds口座開設をしておくことが投資を成功させるポイントですね。

応募は毎回「秒単位」で決着しますので。

少々の「気合と運」が必要です(笑)。
それだけ人気の投資先という事ですね。

\「1円」からできる貸付ファンド投資!/ 「Funds(ファンズ)」へ無料会員登録し、「1円」から投資可能な貸付ファンドを探す

 

今回のFunds組成ファンドにおけるリスクは?

デフォルトしてしまうリスクは?(今後条件確認し更新します)

こちらはFundsにおけるいつものイメージ図です。
今回のKudanファンドがどうなるのか、分かり次第反映していきます。

fundsデフォルト

万が一、ファンド組成企業が破産などした場合は、出資者の元本に影響が及ぶ可能性があります。

精算対象となる財産は投資家からの出資金で取得したものです。
この財産を換金することで出資者へ分配を行います。

ただし、その金額は出資比率に応じたものであり、場合によっては元本割れの可能性もあります。

ちなみに、Fundsのファンド組成企業をどう選ぶか、については、かなり厳格なプロセスを経ている事を直接、対面でクラウドポート社にヒアリングして確認しています。

クラウドポート社の藤田社長にお話しをお聞きした内容の記事化は下記です。
ご参照ください。

Funds(ファンズ)ファンド組成企業の選び方
評判のFunds(ファンズ)におけるファンド組成企業の選び方とは?Funds(ファンズ)のファンド組成企業の選択については、クラウドポート社内でも、案件を発掘してからファンドとしてリリースするまで、3段階程度の審査を経る必要があり、かなりリスクヘッジをしています。 どのような手続きなのか、ファンド組成採用の最終ジャッジは誰なのか??、詳しくは記事をご覧ください。...

今回のKudanファンド案件の総合評価は?

Kudan、ファンド組成企業としては投資対象にできると判断しています

ロボットのイメージ

AR/VR業界は急成長していることと、様々なデバイスに組み込むことで想像もできなかった生活の豊かさを得られます。

投資家たちだけでなく、全世界が注目している技術です。

もはや衰退することはなく、成長を続ける業界と言えることでしょう。
という事で、今回の、Kudanはファンド組成企業の投資対象として「有り」ですね!

早めの案件化が待たれるところです!!

>>Funds公式サイトで詳細を確認

ちなみに、下記の通り、Funds自体の口座開設も会員登録も、全部無料です。

Fundsの手数料

今回のKudanが提供することになるであろうファンドへの投資に迷われている方は、Funds口座登録だけ済ませておき、ご自身の興味がある、魅力的だなと思う案件がリリースされるまで待機しておくのも手です。

今回の案件以外にも、今後、多数の様々なファンドがFundsのマーケットに並んでいきますよ!

\1円から成長産業の企業にも貸付投資!/ Funds(ファンズ)に「無料」で会員登録し、「1円」から投資可能な貸付ファンドを探す

初心者向けソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディング
【2019年最新】初心者向けソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディングおすすめ投資5選!ソーシャルレンディング市場が非常に伸びていますね! 2019年は、不動産クラウドファンディングを中心として、かなり活性化する見込みです...