住信SBIネット銀行基礎知識

仮想通貨・暗号資産(ビットコインなど)取引のために住信SBIネット銀行を開設するべき理由

住信SBIネット銀行は仮想通貨・暗号資産取引には必須・おすすめ

ビットコインなどの仮想通貨・暗号資産の取引には、取引所との間で日本円の入出金を行うための銀行口座が必要です。

その銀行口座には入金手数料、残高反映速度の両面から、圧倒的に「住信SBIネット銀行」の口座がおすすめです。

国内の主要仮想通貨取引所のほとんど全ての口座に無料で入金可能、さらに24時間365日リアルタイム入金可能な住信SBIネット銀行がどれほど有利な銀行なのか、細かくご紹介します。

\無料で口座開設/ ビットコインなどの仮想通貨取引所と相性のよい住信SBIネット銀行口座開設してみる

住信sbiはキャンペーンで口座開設
【2019年】住信SBIネット銀行はキャンペーンで口座開設がお得!評判は?2019年10月最新:住信SBIネット銀行が口座開設キャンペーンをやってますね!振込手数料も同行宛てなら0円、ランクに応じて他行宛てでも月15回まで無料、と何とオトク!キャッシュカードもコンビニやスーパーの提携ATMから24時間365日取引可能で超便利。基本的にはメリットしかないネット銀行ですのでキャンペーン中に口座開設してしまいましょう!...

同じSBIグループのSBIネオモバイル証券もお得なキャンペーン中です!
知らずに溜まっている「Tポイント」で、サクッと個別株を少額で買えてしまう新しい投資方法ですね。

SBIネオモバイル証券で評判の特別キャンペーンがお得!【Tポイント投資】

SBIネオモバイル証券 口座開設

各取引所の取引口座は住信SBIネット銀行に対応

主要な仮想通貨取引所の多くが住信SBIネット銀行の口座に対応!入金手数料無料、土日でもリアルタイム入金可能!

仮想通貨取引所への入金がスムーズ

現在国内の主要仮想通貨取引所の多くが住信SBIネット銀行を取引口座としています。

住信SBIネット銀行は同行の口座間の入金に手数料が不要なため、入金時銀行手数料がかかりません。

また、入金手続きから24時間365日いつでもほぼリアルタイムで口座へ入金されるため、取引の機会を失うこともありません。

手数料面

同行間の入金手数料0円!他行宛てでも最大15回まで振込手数料無料!

主要仮想通貨取引所への振込手数料が無料!

住信SBIネット銀行の最大のメリットは、仮想通貨取引所への入金が手数料無料で行えることです。

仮想通貨購入のためには、仮想通貨取引所の口座へ入金する必要がありますが、一般的に銀行の口座間取引には手数料が発生します。

しかし国内の主要仮想通貨取引所は住信SBIネット銀行の口座を使用しているため、同じ住信SBIネット銀行口座からの入金手数料は0円で済んでしまいます!

以下は各仮想通貨取引所の入金先に指定されている銀行口座です。

取引所入金先口座
Coincheck住信SBIネット銀行、りそな銀行
ビットフライヤー住信SBIネット銀行、三井住友銀行
ビットポイント住信SBIネット銀行、東京スター銀行、ゆうちょ銀行
Liquid by Quoine住信SBIネット銀行
Bitbank住信SBIネット銀行
Zaif住信SBIネット銀行
SBI VCトレード住信SBIネット銀行
BTCBOX住信SBIネット銀行
FISCO住信SBIネット銀行

これらの仮想通貨取引所を利用するなら、住信SBIネット銀行からの入金ならば、同行間の入金手数料無料となるため、入金手数料は不要です。

また、以下の取引所は住信SBIネット銀行ではない入金先ですが、取引実績などの条件を満たせば、月間最大15回まで他行への入金手数料が無料になる住信SBIネット銀行ならば、入金手数料0円で収めることもできるでしょう。

取引所入金先口座
DMM BITCOINりそな銀行
GMOコイン楽天銀行
Huobi(フォビ)ジャパンGMOあおぞらネット銀行

こう見てみると、ネット銀行のライバルとして挙げられることが多い楽天銀行に比べ、仮想通貨取引所への入金に関しては大きくリードしていることがわかります。

即時性・リアルタイム性

クイック入金対応取引所なら24時間365日入金が即時反映!住信SBIネット銀行の口座同士ならいつでも即時入金!

夜中でも、土日でも、リアルタイムな入金反映!

また、住信SBIネット銀行は24時間365日いつでも仮想通貨取引所の口座に入金できる「クイック入金」に多く対応しています。

値動きの大きな仮想通貨取引では、いつ何時取引のチャンスが訪れるかわかりません。

クイック入金に対応していない銀行から取引口座に入金をしても、銀行の営業時間外ならば次の営業日まで待たなければいけません。

三菱UFJ銀行やみずほ銀行、地方銀行を利用している場合、もし金曜日の夜に入金したとすれば、口座に反映されるのは次の月曜日の朝。

これでは完全にチャンスを逃してしまいます。

クイック入金に対応する口座を持っているというだけで、大きなチャンスを手にする機会は何倍にも増大するといえるでしょう。

クイック入金に対応する仮想通貨取引所と対応銀行は以下の通りです。

取引所クイック入金対応銀行
ビットフライヤー住信 SBI ネット銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、ペイジー加盟機関
Coincheckペイジー加盟機関
Liquid by Quoineペイジー加盟機関、ネット銀行
ビットポイント住信SBIネット銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行
DMM BITCOIN1000以上の金融機関(住信SBIネット銀行含む)
GMOコイン住信SBIネット銀行、GMOあおぞらネット銀行、ジャパンネット銀行
Huobi(フォビ)ジャパン住信SBIネット銀行

ペイジーは、多くの銀行が加盟している決済サービスです。

住信SBIネット銀行も加盟しているため、住信SBIネット銀行の口座があれば、上記の全ての仮想通貨取引所でクイック入金を行うことができます。

また、以下の仮想通貨取引所はクイック入金のサービスに対応していませんが、入金口座が住信SBI銀行の口座であり、同行からの入金は営業時間外でも24時間365日いつでもほぼリアルタイムに反映されるため、上記のクイック入金以上の即時性を持つ入金が可能です。

  • Bitbank
  • Zaif
  • SBI VCトレード
  • BTCBOX
  • FISCO

即時性の面でも、住信SBIネット銀行は他のネット銀行だけでなく、都市銀行をも大きくリードしています。

仮想通貨取引を本格的に行いたいならば、住信SBIネット銀行しか選択肢がないといっても過言ではありません!

デメリットは何かないか気になる方はこちらの記事をどうぞ。
住信SBIネット銀行はハンコも通帳も不要ですが、それがデメリットになるかどうか、記事を読んで判断してみてください。

印鑑も通帳もない住信SBIネット銀行は何かデメリットはあるのか?

普段使いにも便利でお得な銀行口座

ATM利用手数料&他行口座への振込手数料無料!

住信SBIネット銀行が仮想通貨取引に有利な銀行であることをお伝えしてきましたが、もちろん普段使いにする銀行口座としても優秀です。

最大のメリットはコンビニ等のATM利用手数料が無料になる点。
預け入れは24時間無料、引き出しは取引実績に応じて最大15回まで無料になります。

また他行口座への振込手数料も同様に最大15回まで無料。振込の用事が多い方にとってはとてもお得な銀行口座です。

仮想通貨取引に今のところ興味がない・もう少し様子を見てから、という方も、住信SBIネット銀行の口座開設だけは先に済ませておくのも良いですね。

住信SBIネット銀行公式サイト

(キャンペーンも頻繁にやっているのでオトクなうちに!)

住信sbiはキャンペーンで口座開設
【2019年】住信SBIネット銀行はキャンペーンで口座開設がお得!評判は?2019年10月最新:住信SBIネット銀行が口座開設キャンペーンをやってますね!振込手数料も同行宛てなら0円、ランクに応じて他行宛てでも月15回まで無料、と何とオトク!キャッシュカードもコンビニやスーパーの提携ATMから24時間365日取引可能で超便利。基本的にはメリットしかないネット銀行ですのでキャンペーン中に口座開設してしまいましょう!...