ビットコイントレード取引所「BitMex」開設ページはコチラから。半年間取引手数料10%OFF!ロスカットでの追証無し!
暗号通貨・暗号資産

ビットポイントが採用したセキュリティソフト「AppGuard」とは?ハッキング対策の評判はどうか

ビットポイントのセキュリティ強化「AppGuard」とは?

本日はビットポイントが採用したセキュリティソフト「APPGUARD」についての記事となります。2018年8月から、このソフトを採用し、11月にニュースリリースを出していますね。

やはり、コインチェックやZaifのハッキング事件が発生してしまった状況以降、もっとも仮想通貨投資家が求めているものは「安全性」です。

価格の上昇、下降はあれど、そもそも安全に取引できない状態では、投資に臨むことに一歩踏み出せなくなってしまいます。
仮想通貨(暗号通貨)取引のボリューム・全体のパイも増えていきませんね。

リミックスポイント社の子会社である、ビットポイントが、今回採用したセキュリティーソフト「AppGuard」は、「要塞」レベルと言われています。

どんなソフトなのか、まとめてみました。

この記事でわかること
  1. ビットポイントが採用したセキュリティソフト「APPGUARD」とは?
  2. 販売元はどこ?口コミ・評判はどうか
  3. ビットポイントのセキュリティに対する考え方

\キャンペーン中でビットコイン貰えます!/ 無料でビットポイント口座開設

BITPOINT

ビットポイントが採用したセキュリティソフト「APPGUARD」とは?評判はどうか

検知はしない、ウィルス駆除もしない、日々のソフト更新も必要がない。完全ブロックを提供する「要塞型」のセーフティ環境を実現するソフトウェア

従来のセキュリティソフトの概念図以降の画像引用:APPGUARD公式ページより

今までのセキュリティソフトは、「過去のデータ」から検知するタイプのソフトがほとんどですので、未知や新種の攻撃に対しては、日々のアップデートで対応するほかにはない状態でした。

私のパソコンもそうですが、PCにはウィルス対策ソフトをインストールしていると思います。たまにアップデート入ると、PCの動作が重いなぁ、と感じることもあるでしょう。

これが企業レベルになると、本当大変な話なのです。
バージョン管理や、各PC端末のOSごとに対応しているかどうかの確認、ウィルスに掛かってしまった時の犯人探し、そうしている間にソフトがバージョンアップしてしまい、また買いなおし・・のような状態ですね。

「APPGUARD」はどのようなソフトウェアなのでしょうか。

APPGUARDの新概念、仕組み
何が違うかといえば、従来のセキュリティソフトが、「入られないよう検知して防御」するという発想で設計されているのに対し、AppGuardは、「入られても悪さや予期せぬ動きをさせない」という考えで作られた製品です。

下記が「Isolation Technology(隔離技術)」のイメージです。
もともとのシステムプロセスの動く範囲を決めてしまい、予期せぬ範囲や、違う動作をしたら、それはすべて「違反」として即刻遮断・停止をします。

これがシステム界隈でいう「要塞化」という状態ですね。
APPGUARDの要塞化技術・遮断・コンテナ化・プロセス監視米国政府機関でも採用されており、18年以上破られたことがない、革新的なサイバーセキュリティ技術との事です。米国のCON認証も受けていますね。

※CON認証とは、Certificate of Networthinessの略称であり、「APPGUARD」が米国陸軍やアメリカ国防省の高水準なセキュリティスタンダードを満たしていることを示すもの

従業員8人の株式会社Blue Planet-worksが製品販売・ライセンス保有

Businessinsider.jpより引用

BPw社は、中多社長が2013年に立ち上げた動画メッセージを提供するKeepTree社が前身だ。
今年4月、米ブルーリッジネットワークス社(以下、ブルーリッジ社)から、サイバー攻撃対策技術であるAppGuard事業を買収した。

買収の際、BPw社に集まった資金は55億円にのぼる。
出資企業は、電通、ANAホールディングス、第一生命保険など8社で、そうそうたる大企業が並ぶ。

社長の中多さんはもと吉本興業ですね。
長銀総研時代に、アメリカでかなりの人脈などを築いているようです。

そのほかにも、元シマンテックの日本法人社長の日隈寛和さんや、執行役員だった坂尻浩孝さんが加わっていますね。

さらに、このBPw社に出資している企業は下記。
そうそうたるメンツですね。

サイバーセキュリティ.comより引用

ANAホールディングス株式会社
第一生命保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
株式会社電通
株式会社電通国際情報サービス
大興電子通信株式会社
PCIホールディングス株式会社
株式会社ジェイティービー(JTB)
株式会社フェイス
吉本興業株式会社 などなど

市場の反応も、やはりセキュリティには関心が高く、期待するコメントが多いです。


トレーダー界隈でも、このAPPGUARDを取り扱うソフト販社各社のニュースリリースなどに反応し、これからの伸びに期待する声も見られます。

これから東京オリンピックを迎えるにあたり、政府筋にも採用されるとかなんとか・・という噂も。

株トレーダークラスタの方々は、販売代理店の企業はどこか確認してみると、年末に向けてよいことが起こる・・かもしれませんね。

このように、高いレベルでセキュリティ面を益々強化しているビットポイントは、安心して使える取引所と言えるでしょう。

\セキュリティ面では一番安心!/
無料でビットポイント口座開設

ビットポイントのセキュリティに対する意識・考え方

高水準なサイバーセキュリティ体制の確立へ

ビットポイントのセキュリティ意識は、各取引所の中でも、やはり頭ひとつ上に居るイメージですね。

仮想通貨業界が、昨年2017年時から、皆このような意識をもって運営していたら、現在の市場もかなり安定して、価格水準も高い位置にあった可能性もありますが、タラレバを言っても仕様がありません。

ビットポイント公式サイトトピックスより引用

当社は、昨年2017年12月に、仮想通貨交換業者として警視庁「サイバー犯罪に対する共同対処協定書」を締結し、相互協力連携を強化することにより迅速なサイバー犯罪への対処を行って参りました。

近年、サイバー犯罪等に関する相談件数は、130,011件にのぼり、仮想通貨に関連する相談件数も増加傾向にあります。

また、国内外で仮想通貨交換所におけるハッキング被害は多数生じており、「安心・安全な仮想通貨取引」を実現させるためには、常により堅牢なセキュリティシステムの導入が求められます。

このたび、過去一度も破られたことないという実績をもち、大手インフラ企業でも採用が相次ぐ「AppGuard」を導入し、仮想通貨取引インフラの役割を担う仮想通貨交換業者として、より高水準なサイバーセキュリティ体制の実現を目指しております。

このように、セキュリティ意識の高い取引所を選び、安全な仮想通貨(暗号通貨)取引をしていきましょう!

OTC取引とは?ビットポイントの大口顧客サービス強化
OTC(相対)取引とは?日本国内ではビットポイントが大口仮想通貨投資家向けへサービス拡充本日はOTC取引についての記事です。 「OTC取引」とは、どういった形態かというと、Over The Counterの略であり、「...
リミックスポイント第2四半期決算、ビットポイント好調
リミックスポイントの第2四半期実績、仮想通貨取引所事業が収益・業績に大きく寄与リミックスポイントが、IRニュースにて第2四半期実績を出しました。 仮想通貨取引所を運営する子会社のビットポイントジャパンが収益に...
おすすめ取引所ビットポイント・特徴・まとめ・メリット
ビットポイントが初心者におすすめできる仮想通貨取引所である理由(特徴・メリット・まとめ)2018年下半期の仮想通貨取引においては、現時点ビットポイントが、一番おすすめできる取引所です。取り扱い通貨は、BTC・ETH・BCH・LTC・XRPと計5種類。損益計算機能も備えており、セキュリティレベルも高い、初心者に最適な仮想通貨取引所です。ビットポイントの特徴・メリット・デメリットをまとめました。...
ビットポイントアイキャッチ
法人口座も開設できる日本国内の仮想通貨取引所 BitPoint紹介2018年10月現在、ビットフライヤーとコインチェックが新規口座の登録を中止していますので、法人口座を開設する際の他の選択肢としては、ビ...

ビットポイントのセキュリティ基盤は、記事の通り、他の取引所と比べてかなり強固と言えます

今後の仮想通貨市場の急回復が来た際には、もっとも注目される取引所ですね!

\キャンペーン中でビットコイン貰えます!/ 無料でビットポイント口座開設

BITPOINT