ソーシャルレンディング基礎知識

日本のソーシャルレンディング業界は成長市場!市場規模はどのくらいか

ソーシャルレンディングの市場規模は伸びている

事業のためのお金を借りたい会社と、お金を運用して増やしたい個人をマッチングするソーシャルレンディング

日本では2008年の個人融資モデルからはじまった、まだまだ日が浅い業界ですが、市場規模はどれくらいなのでしょうか?

お金を運用し、増やしていきたいという人には必見の業界について見ていきましょう。

初心者向けソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディング
【2019年最新】初心者向けソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディングおすすめ投資5選!ソーシャルレンディング市場が非常に伸びていますね! 2019年は、不動産クラウドファンディングを中心として、かなり活性化する見込みです...

ソーシャルレンディングの市場規模の成長度合い

2018年の国内見込みは2,044億円!
世界規模でみると100兆円まで成長するかも!?

ソーシャルレンディング業界は毎年成長を続けている有力な市場です!

投資型クラウドファンディング比較サイト「ZUU funding」によると、2017年度のソーシャルレンディング市場規模は1,316億円となっています。

なんと前年2.5倍の成長率であり、2018年以降も成長を続け2,044億円に達する見込みです!

これほど活気づいているソシャレン市場、2019年はさらに大注目ですね!

国内クラウドファンディングの新規プロジェクト支援額(市場規模)推移出典:株式会社矢野経済研究所
2017年度の国内クラウドファンディング市場規模は新規プロジェクト支援ベースで前年度比127.5%増の1,700億円

日本のソーシャルレンディング市場規模の成長率出典:クラウドポートニュース 【最新版】日本のソーシャルレンディング市場規模と歴史

ちなみに、グローバルでのソーシャルレンディング市場は、今後10年間で1兆ドル、日本円にしておよそ100兆円規模に到達するというレポートもあります。

なぜそんなに増加中?

ソーシャルレンディングは銀行がカバーしづらい領域をフォローしており、利回りも魅力的な水準

日本でのソーシャルレンディング・投資クラウドファンディングは、法人向け融資、とりわけ不動産向け融資が中心に行われています。

銀行や信用金庫などの金融機関が賄いきれないような案件が、いくつもあります。

たとえば、銀行がお金を貸すのが難しい「古民家・空き家のリノベーション再生」、地方の中小企業、借入希望期間が短い案件などです。

不動産クラウドファンディングの形を取っているFantasFunding(ファンタスファンディング)などが注目ですね。

FANTAS Funding (ファンタスファンディング)空き家再生クラウドファンディング評判・メリット・デメリット
FANTAS funding(ファンタスファンディング)の仕組み、評判、特徴、メリット、デメリット、注意点は?【不動産型クラウドファンディング】★一口1万円から空き家再生などの不動産クラウドファンディングに投資できます!★【役員へのインタビュー有り】FANTAS funding(ファンタスファンディング)について、評判や特徴、何か注意点はないかどうか?などを調べているあなたへ向けて分かりやすく記事内で解説しています。...

\申し込み手数料は無料!/ FANTAS fundingで、クラウドファンディング不動産投資案件を見てみる(空き家再生、中古不動産などプロジェクトを確認!)

ソーシャルレンディングは、これらの案件に対して、魅力のある利回りをつけながら投資家にリターンすることで、着実に市場規模を広げてきました。

普通預金・定期預金に比べると高い利回りと、ある一定の保全性が貸し手に人気

定期預金でさえ0.1%の低金利時代にも関わらず、ソーシャルレンディングの平均利回りは8%となっています(クラウドポート調べ)。

また、ソーシャルレンディングは、元本保証商品ではないため、デフォルト(貸し倒れ)が起こる可能性はありますが、貸し倒れ率も1.47%程度であり、比較的保全性が高い金融商品です(2018年1月25日、クラウドポート調べ)。

銀行に預けても運用ができない、不動産投資をするための資金がない、FXなどのハイリスクな資産運用は苦手だという投資家がローリスクで資産運用できるソーシャルレンディング投資に注目するのも当然でしょう。

2017年度の国内クラウドファンディングにおける類型別構成比出典:株式会社矢野経済研究所 2017年度の国内クラウドファンディング市場規模は新規プロジェクト支援ベースで前年度比127.5%増の1,700億円

参入事業者も増加

また、ソーシャルレンディングの事業者数も年々増えています。
2018年には23社程度まで増えていますね。
これにともなう案件数の増加も市場拡大を後押しする一因になっています。

出典:事業構想 多様な資金需要の受け皿に 急成長するソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングの運営会社を見極めることも必要

ただし、ソーシャルレンディングへの投資には注意も必要です。2017年3月には、事業者のひとつである「みんなのクレジット」が行政処分を受けました。

関東財務局から1ヶ月の業務停止処分、東京都産業労働局からも同様に業務停止処分を受けています。これは、運営会社が投資家から集めた資金を説明とは異なる融資先に貸し出していたことが原因です。

キャッシュバックキャンペーンで還元した現金を、投資家から集めた出資金で賄うなどのずさんな管理が明らかになりました。

ソーシャルレンディングは、金融庁の指導から、融資先の企業名などの詳しい情報を明らかにできない仕組みになっています。

ソーシャルレンディングへの投資を行う場合は、事業者を信頼できるのかをじゅうぶんに見極める目が必要です。

初心者向けソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディング
【2019年最新】初心者向けソーシャルレンディング・不動産クラウドファンディングおすすめ投資5選!ソーシャルレンディング市場が非常に伸びていますね! 2019年は、不動産クラウドファンディングを中心として、かなり活性化する見込みです...
クラウドポートとは?Fundsの特徴・メリット・注意点は?
評判のFunds(ファンズ)の仕組みをわかりやすく解説!運営のクラウドポートとはどんな企業?株式会社クラウドポートが運営する、個人向けの貸付ファンドオンラインマーケットFunds(ファンズ)とはどんな仕組みなのでしょうか。 ...
不動産クラウドファンディングCREAL(クリアル)投資実績公開&評判は?
CREAL(クリアル)投資実績公開&評判は?【保育所案件&キャンペーンで不動産クラウドファンディングへ参戦中!】CREAL(クリアル)は、「気軽に始められる1口1万円、特に大型案件や、立地の良い都内物件などの投資対象が明確な不動産投資型でのクラウドファンディングにて、固い資産運用を始めてみたい方」には、非常におすすめできます!当サイトでは30万円クリアルに投資しており実績公開しています! 評判や特徴・メリット・デメリットは記事参照ください! ...