暗号通貨・暗号資産

【NPXS】PundiX function(X)とは?ブロックチェーン・プラットフォーム・ソリューション

PundiX が提案するブロックチェーン・プラットフォーム・ソリューションの概要がリリースされました。

PundiX が描く非中央集権化されたブロックチェーンインターネットとはどんな世界なのでしょうか?

画像などは公式から引用しております。

function(X)とは

PundiX のソリューション群

. Function(X)OS ※Android9.0ベースのオペレーションシステム

. Function (X) blockchain

. Function(X) IPFS ※分散型ファイルストレージ

. FXTPプロトコル  ※P2Pで他の利用者のコンテンツへアクセスできるプロトコル

. Function(X) docker

これらが、function(X)の主な構成要素ですが、どのような内容か見ていきます。

FXTP 通信プロトコルについて

上記が従来型のHTTPの通信プロトコルのイメージです。

いわゆるクラサバ型ですね。(クライアントとサーバーで通信)。セキュリティの問題などが有りました。続いて、FXTPとはどんな型なのかを図解しているのが、下記です。

FXTPは、全てのノードに対して通信を許可し、ターゲットとするノードまでのレスポンスを繋げるようなイメージですね。

何処かのノード間で通信が失敗しても、ブロードキャスト型なので、通信には問題ない、という形です。

これがサンプルですね。

zacさんからpittさんにメッセージを送る時、zacの秘密鍵に基づいて発信されたメッセージなりデータが検証後にfunctionX ブロックチェーン上に保管されます。

pittのノードに属している別のノード(当然、複数のノードでしょう)が、pitt宛のメッセージやデータが来ていないか、常に監視しており、いざデータが来たらそれをpittのデバイスがブロックチェーン上から解読して、メッセージとして届く、と。

function(X) におけるアプリケーション開発

上記は従来型の開発イメージです。

一つのサービスやアプリケーションを、一つの開発データベースなどで作る形です。

functionXブロックチェーンでは、アプリケーションは、複数の異なったノード間にまたがってIPFS(分散型ストレージ)やdockerを用いてストアされます。

データやロジックは、分散型ネットワークに存在するイメージですね。

PundiX のfunctionX を用いるプロダクト群

ブロックチェーンスマホである xphone 、店舗などでPOSレジとして使えるXPOS(これも1台1台がノードになる)も有ります。

今後出てくるスマートデバイスも、functionX に準じた開発を行うようです。どんなデバイスなのか楽しみですね。
今後もPundiX 注目です!

合わせて下記参照下さい。

PundiXブロックチェーンスマホXphone
【NPXS】PundiXがブロックチェーンスマホ「Xphone」開発!Function(X)とは何か?PundiX来ましたね。 2018年10月9日に、ブロックチェーンスマホを発表しました。 サプライズですね! #pundiX ...

 

 
【ビットバンク】
リップル買うならビットバンク!

bitbank

 
【Liquid】
レバレッジ取引も可能!

Liquid by Quoine