株・投資信託

ジュニアNISAのネット証券はどこがいい?SBI証券のメリットデメリット

ジュニアNISAとは?

0歳~19歳を対象とした資産運用。年間80万円までの投資ならば、それらの利益も含め非課税!子供の教育資金や祖父母の相続税対策に活用できる

2016年から始まった制度で、子供の将来の資産形成をサポートするために導入されました。
先にNISAという制度がありましたが、こちらの口座は成人でないと開設できません。
一方のジュニアNISAでは、未成年(0歳〜19歳)が口座開設できます。

 

また、NISAの1年の非課税金額が120万円なのに対し、ジュニアNISAは80万円となっています。非課税期間はどちらも共通で5年間です。
原則として、口座開設者が18歳になるまでは災害などの特別な事情がない限りは口座からの引き出しができません。

ジュニアNISAの口座管理や運用は、基本的には未成年者が行わず、親や親権者などが未成年者に代わって行います。

ジュニアNISA概要

参考:金融庁

SBI証券のメリット

国内株式から外国株式まで幅広く取り扱っている国内最大手の証券会社!取引手数料も安く、夜間取引もOK!

「とりあえず株式を購入したいならSBI証券の口座を開設するべき」と口にする人は多く、多数の投資家から支持を得ているのがSBI証券です。

  1. 国内最大手の証券会社
  2. 取り扱っている金融商品が豊富
  3. 手数料が安い国内最大手の証券会社

SBI証券は国内最大手の証券会社であり、国内口座開設数は第1位など安定感があります。
「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」においても総合1位を受賞しているなど、顧客満足度が高いのも特徴です。
数ある証券会社の中で、もっとも人気のある証券会社と言えるでしょう。

口座開設数No.1、売買代金シェアNo.1、手数料No.1

 

取り扱っている金融商品が豊富

取り扱っている金融商品も多く、国内株式・海外株式・投資信託・FX・IPO・債権・iDeCo・eワラントの他に金やプラチナなどの取引も可能です。

国内株式、外国株式、投資信託、債券、FX、先物オプション、ETF、ワラント
金投資は楽天証券やマネックス証券でも可能ですが、これらの証券会社が「売買代金×2.5%」の買付手数料であるのに対し、SBI証券は「売買代金×2.0%」と、手数料も安くなっています。
最初に値が高騰することが多いため人気のIPO(新規公開株)の取扱本数も業界トップ水準です。

注目銘柄も続々登場!?IPOでチャンスを掴むならSBI証券

IPOは年々取引本数が増えています!

IPO取引件数のグラフ

IPOとは未上場企業が東証等の市場に新たに株式を供給(上場)することをいいます。
IPOの特徴は、これからの成長が期待されるIPO銘柄は、大きく値上がりがしやすいです。また近年は相場環境の改善により、新たに上場する銘柄も増え、IPO市場は活況をみせています。
IPO最大のメリットは、成長性の見込まれる企業の株式を上場段階で購入でき、将来的な値上がり益を期待できる点です。

 

手数料が安い

ネット証券では投資資金を口座に入金して初めて投資が可能となります。
この口座に入金する際に手数料がかかるのが普通ですが、SBI証券の場合は提携銀行から入金を行うことで手数料を無料にすることができます。

また、株式を売買する際にも手数料がかかりますが、SBIの株式売買手数料は業界最安水準です。
1つの約定ごとに手数料がかかるスタンダードプランと、1日の約定の合計に対して手数料がかかるアクティブプランの2つのプランがありますが、どちらもリーズナブルです。

1つの約定ごとに手数料がかかるスダンタードプランの手数料
約定金額スタンダートプラン(税抜き)
5万円50円
10万円90円
20万円105円
50万円250円
100万円487円
150万円582円
3,000万円921円
3,000万円以上973円

 

1日の約定の合計に対して手数料がかかるアクティブプランの手数料
約約定金額アクティブプラン(税抜き)
10万円0円
20万円191円
30万円286円
50万円429円
100万円762円

SBI証券のデメリット

  • 様々な顧客のニーズに答えるために、サービスと商品が豊富!
  • 資産運用初心者はどの商品がピッタリなのか迷ってしまう

サービスと商品が多彩なため、初心者は迷いやすい

SBI証券に目立ったデメリットはありません。
国内最大手の証券会社出あるのに手数料が安く、取り扱い商品数やサービスも充実しているからです。
その中であえてデメリットを挙げるとしたら、サービスと取り扱い商品の多彩であることの裏返しとして、初心者には使いづらいという点です。

例えば四季報の情報ツールも提供していますが、初心者の場合は知識がないためにどこをどう見れば良いのかがわかりません。
商品数が多いため、最初は何を買えばいいのか選択に迷ってしまいます。
初心者はある程度使いこなすまでに時間がかかる可能性があります。