未分類

30-40代は保険見直しのタイミング!!【年間▲50万円削減の実践事例】

年間50万円の削減!保険見直し事例(30代~40代)

30-40代は保険見直しのタイミング【年間▲50万円削減の実践事例】

何気ない日常の中、思いもよらない事故に見舞われることがあります。

突然必要になる保険の内容は、その時に必要な条件を必ずカバーしているとは限りません。

また、保険会社の選択肢が増えたことで、保険料の見直しも重要なポイントとなっています。

生命保険・医療保険共に、今のあなたに最適な保障を準備することをオススメします。

そもそも生命保険の仕組みって?

生命保険は、健康保険・医療保険とは違い【積立型】の保険となります。

健康保険・医療保険は、毎月の掛け金を支払うことで通院費などの補填を担います。

保険利用があれば無駄にはなりませんが、一切通院の必要がなければ文字通り【掛け捨て】となります。

生命保険は、一定額の保険料を納めることで契約上の保険金・給付金を指定した受取人へと受け渡すためのものになります。

その基本的な受け渡し条件は【死亡】

万人に平等に訪れる死亡が支払い条件となるため、保険加入・保険料納入さえしていれば間違いなく保険金・給付金を受け取れるサービスなのです。

ネット保険の評判

従来型の保険代理店斡旋型の保険と比べ、ネット保険は若年層の保険加入を容易にする内容となっています。

  • 若年層の保険料の安さ
  • 対面での契約を必要としない
  • 24時間いつでも加入申請できる

その反面、デメリットとなるポイントも存在します。

  • 低価格に相応となる保障内容
  • 判断は自分次第
  • サービスの限定

オペレーターとの対話によって保険選びをするわけではないため、ユーザー本人が自分の欲しい保障内容について理解しておかなければなりません。

それと同時に、サービス自体の幅がないため満足できる保険組み立てができないのが大きなデメリットとなります。

10〜20代には加入しやすいサポート的な保険として喜ばれる反面、保障内容の充実を考えるユーザーには物足りないという声が上がっています。

保険の解約方法

何かしらの理由があり保険を解約したい場合、保険会社へ【解約手続き】を申請することで解決します。

解約の際、これまで掛け続けてきた保険料の返戻金が発生しますが、決して【満額返戻はされない】ことを忘れないでください。

また、解約返戻金には種類があります。

  • 無解約返戻金型
  • 低解約返戻金型
  • 従来型

返戻金は【一時所得】です。

金額によっては【課税対象となる】場合がありますので注意してください。

保険見直しのタイミング

もし、あなたが今契約している保険よりも安い金額で、同レベル以上の保障を得られるとしたらどうしますか?

保険の見直しは、既に加入中の保険内容の見直しだけではなく、保険会社そのものを変更するものでもあります。

より優位な条件を示す手厚い保険に加入し直すことで、費用対効果をアップさせられるのです。

見直しタイミングとして重要なポイントが【年齢】です。

10〜20代若くして保険加入する際、掛け金の手軽さから【ネット保険】へ加入するユーザーが多く存在します。

私自身もソニー生命の変額生命保険と医療保険に加入していました。

同時に、日本生命のガン保険にも加入していたため、保険料だけでもかなりの額を支払ってきました。

しかし、30〜40代になると掛け金よりも【保障内容】が重要になってきます。

ネット保険は、当初から低価格であるがゆえに保障内容が頭打ちになってしまい、痒いところに手が届かなくなってきます。

若いうちにはそれほど気にすることもない【万が一の事態】を気にする年齢。

それが30〜40代という保険見直しタイミングになるのです。

保険の見直しは誰に相談すれば良い?

自分一人では、保険の見直しが必要かすら判断しかねます。

そんな時の強い味方が【ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)】

通称【FP】です。

あなたの個人情報を基に、これから先のあなたの家族全員に優位となる条件を見つけ出し、今取るべき最適の選択を導いてくれるお手伝いをしてくれます。

ただし、全てを良い方向に導くためには【あなた自身の明確な未来図】が必要となります。

FPとの対話の中で一緒に考えながら未来図を作る方もいます。

しかし、全てはあなた自身の人生となるため、全ての決定権は【あなたが握っている】ことを忘れてはいけません。

FPと相談の上で私が選んだ最善の選択

私はソニー生命の生命保険と医療保険、日本生命のガン保険の2社掛けをしていました。

できることなら複数社で契約するより一本化したい。

更にいえば【より優位な条件で保険契約したい】という思いがありました。

保険見直しラボ

ネット上で見つけた保険見直しのためのサイトです。

Q&A方式でサイトを進めていくと、プレゼント付き保険相談への申し込みに誘導されます。

その流れに沿って申し込みを済ませると、私にマッチするFPへの斡旋が完了しました。

後日、担当のFPに保険の見直しを依頼したところ、現状の2社掛けは得策ではないと告げられ、私の家族構成まで含めた全ての現状を鑑みた上で一つの結論に行き着きました。

【会社の掛け捨て団体定期保険への契約切り替え】

一本化したいとは思っていましたが、まさか会社の福利厚生を提案されるとは思ってもみませんでした。

想像していたのは、他社の保障内容が手厚い低価格のネット保険。

担当になったプランナーを訝しげに見ていると、様々な保険を総合的に比較した分かりやすいデータを提示してくれました。

内容必要な費用
ソニー生命+日本生命(現状) 2300万円年額約53万円
会社の掛け捨て団体定期保険  3000万円年額約3万円

今回、私に提示された掛け捨て団体定期保険への掛け替えによって生じた実際の節約実績です。

驚くことに【年間50万円削減】という驚異のパフォーマンスを見せてくれました。

実をいうと、年額数万円の節約ができれば良いと考えていたんです。

それが、蓋を開けてみれば【50万円】もの節約です!

文句の付けようがありません。

悩む前に行動!安心の保険見直しをしよう

これまで時間をかけて保険料を支払ってきていたので、保険を見直すこと自体に【勿体無さ】を感じていました。

見直し自体は、医療における【セカンドオピニオン】と同じものであり、見直したからといって必ず行動しなければならないわけではありません。

私は最高のプランを提示して頂き、そのプランを自分の人生に採用し最高の結果を手にしました。

保険見直しラボへの見直し申し込み。

勇気を持って踏み出せば、必ず新たな発見があることを知りました。