株・投資信託

ジュニアNISAのネット証券はどこがいい?楽天証券のメリットデメリット

「子供にかかるお金を効率よく貯めたい」
コツコツと毎月へそくりを貯めるよりも、低金利の現代に学資保険で貯めるよりも、今おすすめなのはジュニアNISAです。
この記事では、ジュニアNISAとはなんなのか、楽天証券でジュニアNISAを始めた場合のメリット、デメリットについてお伝えします。

ジュニアNISAとは?

0歳~19歳を対象とした少額投資非課税制度です。毎年80万円までは利益は非課税。教育資金や贈与税対策、子供の資金運用の練習に活用できる。

ジュニアNISAとは、20歳未満の子供を対象とした「少額投資非課税制度」です。株式や投資信託で得られた利益に対して、通常は20.315%もの税金がかかります。ジュニアNISAは、毎年80万円までの範囲内なら、購入・運用して得られた利益に税金がかかりません。
出典:みんなの株式 28.株式で儲けた場合の税金

ジュニアNISAの対象者は0歳から19歳までの未成年なので、親権者が運用することが多くなります。ジュニアNISAを始める主な理由は「子供の教育資金にしたい」「祖父母からの贈与税対策」「子供に資金運用を学ぶ機会を与えたい」などです。

ジュニアNISA、口座は1口座出典:楽天証券 ジュニアNISA入門講座

 

贈与税は、生前贈与を受けた場合、年間110万円までなら非課税です。ジュニアNISAは年間80万円までなので、贈与税が非課税になる範囲内になります。つまり、祖父母からジュニアNISA購入のための80万円を譲り受ける形にすれば、節税対策になりますね。

お子様、お孫様の将来の資金作りに ジュニアNISA 年80万円の非課税枠で5年間

ジュニアNISA、還暦贈与で年間110万円
出典:楽天証券 ジュニアNISA入門講座

 

ジュニアNISAでは、1人1つの金融機関の口座しか持つことができず、途中で変更ができません。原則として、18歳までは資金の払い出しができないことになっています。もしも18歳まで待てずに払い出しをしてしまうと課税扱いになり、ジュニアNISAのメリットを活かせません。

そのため、どこで口座を作るのかが重要になってきます。楽天証券を利用する場合のメリットデメリットを紹介しますので、参考にしてください。

 

楽天証券のメリットは?

取扱商品が国内最大クラス!購入枠が80万円と決まっているジュニアNISAは投資信託がおすすめ。取扱商品が多い楽天証券はジュニアNISAにピッタリ!

国内株式は、「NISA(非課税)」の口座区分を選択することで、「売買手数料が無料」になります。

楽天証券ではじめよう ジュニアNISA 国内株式手数料実質0円出典:楽天証券ジュニアNISA入門講座

さらに楽天証券のジュニアNISAでは、「投資信託の取扱商品が2580本以上+ノーロード(販売手数料がかからない投資信託)が約1270本」と豊富な品揃えが国内最大クラスです。
参考:楽天証券 ジュニアNISA

ジュニアNISAの運用の仕方としては、株式よりも投資信託のほうがおすすめです。理由は、ジュニアNISAでは80万円までしか購入できないため、多くの銘柄の購入が不可能だからです。

1~2つの銘柄だけを購入するのは、ハイリスクを伴います。運用には元本割れする覚悟もしなくてはいけませんが、なるべくハイリスクは避けたいですよね。自然に分割投資となる投資信託のほうが、リスクは低め。投資信託の取扱数が多いのは、楽天証券の大きなメリットです。

また、楽天証券では、ファンドアナリストによるジュニアNISAについて学べるオンラインセミナー、親子で参加できるセミナーなどを開催しています。子供と一緒にお金のことを学べる場が提供されているのは、うれしいですね。

  • 国内株式は口座区分「NISA(非課税)」で売買手数料が無料
  • 取扱い商品が国内最大クラス。年間投資額が決まっているジュニアNISAにピッタリ!
  • プロによるオンラインセミナーでジュニアNISAについて学べる!

 

 

 

楽天証券のデメリットは?

外国株式の取扱がなく、国内株式オンリー!

「18歳未満で引き出したり、解約したりすると課税対象になる」「元本保証ではない」などは、ほかの証券会社にも共通するジュニアNISAのデメリットです。

楽天証券に関していえば、外国株式の取り扱いがありません。「外国株式を購入したい人」には、向いていないといえます。

また、IPO(新規公開株式)は対象外になります。IPOとは、Initial Public Offeringの略で、最初に公開される売り物という意味。新規に上場した企業の株になるので魅力的な場合もありますが、楽天証券のジュニアNISAでは購入することができません。

未成年総合口座とジュニアNISA口座の比較表
出典:楽天証券 ジュニアNISA お子様、お孫様の将来の資金作りのために