投資信託

どっちがよい?インデックスファンド投資とアクティブファンド投資の違い

インデックスファンドとアクティブファンドの違い、比較

投資信託には、インデックスファンド投資アクティブファンド投資の2種類の運用方法があります。それぞれの違いやメリット・デメリットはどのようなものがあるんでしょうか?

結論としては、投資初心者や堅実な運用を目指す人には、ローリスクローリターンで手間もかからないインデックスファンドがおすすめです。

アクティブファンドはハイリスクハイリターン。投資する銘柄や売買のタイミングについて十分な知識があり、それぞれを見極めて選択できる人向けの運用方法といえるでしょう。

インデックスファンド投資とは?

市場の動きにあわせたローリスクな投資信託
長期的なコツコツ運用向き

インデックスとは、ベンチマークとなる日経平均株価、NYダウ、TOPIXなどの株式指標のことを指します。その株式指標と連動する値動きをするのがインデックスファンドです。

主に使われているインデックス一覧表出典:ザイオンライン 「アクティブファンドはインデックスに勝てない」という資産運用業界にとって不都合な事実。個人投資家はインデックスファンドのみでOK!

インデックスファンドのメリット

インデックスファンドのメリットは、ローリスクな点だといえるでしょう。

市場の動きを見てそれに合わせて投資ができるのがインデックスファンド。投資信託を経由して複数の銘柄に投資するので、リスクベッジに有効な分散投資もできて安心です。

コスト面でもリスクが低いのが特徴的です。市場の動きに従うというシンプルなシステムのため、購入手数料・信託報酬(保有している間発生し続ける運用手数料)ともに安くなっています。

インデックスファンドとアクティブファンドの違いの表出典:価格.comマガジン 投資信託でよく聞くインデックスファンドとアクティブファンドの違いって何?

 

インデックスファンドのデメリット

インデックスファンドのデメリットは、市場の平均を狙った運用のため、平均以上の利益は求められないということでしょう。

また、市場全体が下落してしまったときは、利益を出すことができず原本割れするリスクもあります。

アクティブファンド投資とは?

市場の平均以上を狙ったリスキーな投資信託
勝てば大きいが、負ける可能性も高い

アクティブファンドとは、日経平均やTOPIXなどの指標株価の基準を上回るように運用をする投資信託です。基準を上回る成長が期待できる銘柄を選択し、集中的に投資することで、高い利益を生み出すことができます。

各社のファンドマネージャーが、常に市場の値動きをチェックし、売買のタイミングを調整してくれるんですね。

アクティブファンドのメリット

運用がうまくいけば、利益率が高くなるということが最大のメリットです。

また、アクティブファンドはインデックスファンドよりも多数の投資信託から選択することができます。

運用理念や投資銘柄に共感できる投資信託を選べると安心ですね。

 

アクティブファンドのデメリット

アクティブファンドのデメリットは、リスクやコストが高いことだといえるでしょう。
アクティブファンドは、購入手数料・信託報酬ともに、インデックスファンドよりも高くなっています。

また、アクティブファンドはファンドマネージャー(投資信託の運用担当者)によって、投資する銘柄や売買のタイミングが決まります。利益が出るかどうかは、ファンドマネージャーの手腕にかかっているのです。

運用成績の良いアクティブファンドを吟味し、見極める必要がありますね。

 

どちらがいいの?

確実に稼ぐならローリスクローリターンのインデックスファンド!

これから投資信託を始める人には、インデックスファンドがおすすめです。

ローリスクローリターンのインデックスファンドは、長期運用をベースとして、積立投資による資産形成が可能だからです。

短期で大きな利益を求めるのではなく、まずはコツコツと資産を運用していくのが堅実といえるでしょう。