テオ基礎知識

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」VS「THEO(テオ)」実績・口コミ・評判分析

ロボアドバイザー比較テオとウェルスナビ

資産を預けるだけで、AIによって全自動で投資運用してくれるロボアドバイザー。
現在運用されているロボアドサービス「ウェルスナビ」と「THEO(テオ)」、それぞれの評判が気になるところですよね。
そこで、ウェルスナビとTHEOを実際に利用している人たちの運用実績と口コミから、それぞれの評判を分析してみました。

ロボアドバイザー
【2019年最新版】ロボアドバイザーおすすめブログ記事まとめ(評価・実績・比較)当ブログおすすめのロボアドバイザーに関する記事をまとめていきます。ロボアドによる資産運用は、本当に手が掛からず、基本的には「ほったらかしの投資」が可能です。 ご自身の経験やご意向・リスク許容度により、株式や債券・現物資産への割合を選ぶことができ「あなたに合った資産運用」を、ロボアドバイザー側が適切に作ってくれます。...

ウェルスナビ利用者の実績・口コミは?

数か月でプラス5%に到達した人も!
でも手数料がちょっとお高め

ウェルスナビは、2019年3月現在でその預かり資産は1300億円を突破したとのこと。
10万円という少額から始められる投資ということで、試しにやってみる、という人も多いようです。

短期間で実績が出ることも

長期運用が基本となるロボアド投資ですが、数か月で収益が出るケースもあるようです。

 

 

 

手数料が高い

収益が出れば出るほど気がかりになるのが、1%という手数料。
手間をかけず全自動で投資運用ができるサービス料としての評価は、人それぞれですね。

 

 

 

THEO(テオ)利用者の実績・口コミは?

2019年4月から手数料が0.65~1%!
長期的運用ならTHEOがおすすめ!

ロボアドバイザー投資(テオプラスドコモの評判・メリット・デメリット)dポイント投資も可能!
【2019年5月】THEO+Docomo(テオプラスドコモ)の評判は?自動税金最適化と新手数料体系を実装!dポイント投資もできる!2019年5月更新:1万円からロボアド自動資産運用してみたい方には、この「THEO+Docomo(テオプラスドコモ)」が一択ですね。運用利回り益は3か月で+10%に達しました(ほったらかしで月利3%以上です)。評判や特徴、評価に加えて、競合のウェルスナビとの比較についても記事にしています。自動税金最適化機能もついに実装!テオプラスドコモおすすめです!...

THEOは、1万円からスタートできるロボアド投資です。
資産運用初心者でも気軽に投資を始められるメリットがあり、近年利用者を伸ばしています。

 

 

 

 

  • 毎月積み立てをする、引き出さないなど条件はあるが、1%より手数料が安くなる
  • 予想よりも早く利益が生まれている人もいる
テオプラスドコモDポイントだけで投資OK
THEO+Docomo(テオプラスドコモ)をdポイントで攻略!ドコモ携帯ユーザー以外でも投資できる!テオプラスドコモはdポイントだけでも投資ができます。 つまり、ドコモケータイを持っていない方でも投資ができます!ただし、付与されるdポイント率は若干悪くなる形ですね。詳しく解説します。...

 

比較するとTHEO(テオ)がおすすめ

ロボアドは長期運用、手数料が安い会社がいい!

THEOは、2月16日に新料金体系「THEO color palette」を発表しました。実際に新料金体系が適用されるのは、2019年4月からとなっています。

カラー手数料カラー基準額
ホワイト1.00%
ブルー0.90%1万円以上50万円未満
グリーン0.80%50万円以上100万円未満
イエロー0.70%100万円以上1,000万円未満
レッド0.65%1,000万円以上

※手数料は年率、税別
※預かり資産の時価評価額3,000万円以下の部分が、THEO Color Paletteの対象です。従来どおり、時価評価額3,000万円を超えた分に係る手数料は0.5%(年率・税別)です。
出典:THEO THEO Color Palette

新料金体系では、毎月積み立てしていくと、最大で0.65%まで手数料が下がることになるのです。
いっぽう、ウェルスナビは以前より長期割引制度がありますが、最大で0.9%となっています。
長期にわたって資産運用するにあたり、この差は大きいですよね。

 

 

しかし、日本のロボアドサービスはまだまだ手数料が高めです。
海外のロボアドバイザーだと、手数料の平均値は0.3%ほどで、高くても約0.9%となっています。
出典:Investopedia 5 Popular Robo-Advisor

THEOはdocomoとの提携があり、「THEO+docomo」でdポイントを利用した投資運用をすることもできます。

出典:THEO+docomo

 

テオプラスドコモ(THEO+Docomo)でお金の積み立てデザイン\今ならキャンペーンがお得!/ THEO+Docomo 公式サイトで無料診断を実施する