会計ソフト

MF(マネーフォワード)確定申告とfreee(フリー)の徹底比較!個人事業主はMFを選ぶべき理由

マネーフォワード確定申告とfreee(フリー)を比較

個人事業主などの確定申告に便利なソフトウェアを、【クラウド×会計】という観点で選ぶと、候補としてあがってくるのは「マネーフォワードクラウド確定申告」と「freee」ですよね。

両者とも甲乙つけがたい会計ソフトですが、個人事業主の人が利用するなら、結論としては下記3つのポイントから、マネーフォワードクラウド確定申告をおすすめします。

MFが優れている点

・自動仕訳に対応した提携企業が多い
・データ移動できる他社の種類が多い
・最初の一か月間は無料で利用できる

サラリーマン×不動産投資で個人事業主をしている私も、マネーフォワード確定申告をもう3年以上利用していますよ!

マネーフォワードクラウド確定申告は論理的、freeeは直感的に作業できる会計ソフト

マネーフォワードクラウド確定申告は「理論的」、freeeは「直感的」に操作できる会計ソフトです。

どういうことか、見ていきましょう。

違いは会計知識が必要かどうか

電卓を持つ手マネーフォワードクラウド確定申告は、これから、きっちりとした経営に必要な会計知識を身に付けたいと思っている人や、既に知識がある人が使いやすいように設計されています。

そのため、使い続けていく分だけ経理の知識がグングンと身に付いていきます。

一方、freeeは会計知識がない状態でも利用できるように設計されているため、意図的に貸方・借方など会計用語を使っていません。

知識ゼロでも仕訳ができるのは素晴らしい事で強みでもあるのですが、会計知識がある人がfreeeを利用する場合には少し違和感が出ることもありますので、注意してください。

マネーフォワードクラウド確定申告:会計知識があると使いやすい。今は無くても、使っていくうちに会計知識が身についていく。

freee:会計知識ゼロでも使いやすい。

マネーフォワードクラウド確定申告がfreeeよりも優れている点

マネーフォワードクラウド確定申告がfreeeよりも優れている点は、3つです。

ルーチンワークである仕訳を自動化できるのは画期的!

ポイントは冒頭にもお話しましたが、この3点ですね。

  • 自動仕訳に対応した提携企業の多さ
  • データ移動できる他社の種類の多さ
  • 最初の一か月間は無料で利用可能な点

クラウド型会計ソフトで自動連携可能な金融機関サービスが多い

クラウド型会計ソフトの特徴は、取引データを自動取得できることです。

自動取得機能は、提携した金融機関やクレジットカードの利用情報が自動入力されるため、帳簿の記帳時間が省略できます。

また、自動取得機能を最大限に利用する場合には、自分が利用しているクレジットカードやショッピングサイトが提携しているかがポイント。

マネーフォワードクラウド確定申告はfreeeと比べて、ショッピングサイトや決済、POS、クラウドソーシングなどで連携可能な企業が多いので、より経理事務量を削減できます。

MF提携会社

他社の会計ソフトデータのインポートやエクスポートできる種類が多い

会計ソフトを切り替える際には、データを移動させる必要があります。

マネーフォワードクラウド確定申告はfreeeに比べ、インポート可能な他社ソフトが多いため、移行する場合や統合する手間が削減できます。

<インポート可能な他社ソフトの種類>

マネーフォワードクラウド確定申告freee
●ACELINK NX-Pro
●弥生会計
●flam
●インフォマート
●CASH RADAR
●A-SaaS
●財務応援
●PCA
●JDL
●freee
●やるぞ!青色申告
●会計王
●弥生会計

最初の1か月は有料プランが無料で利用できる

有料プランに課金して、あまり使い勝手良くないと損した気分になりますよね。

マネーフォワードクラウド確定申告もfreeeも、有料プランが1か月間の無料で利用できます。

そのため、使ってみて万が一サービスに納得いかない場合でも、お金が無駄になりませんので、気軽に試してみることができます。

マネーフォワードクラウド確定申告は…

自動連携、データの移行、すべての機能が1か月間使えるなど本格的な経理作業向け

マネーフォワードクラウド確定申告よりもfreeeの方が優れている部分

誰でも、どこでも使えるように設計されている

freeeも利用している人から人気のある会計ソフトですので、マネーフォワードクラウド確定申告よりも優れている部分をご紹介します。

一番安い有料プランはfreeeの方が料金が安い

マネーフォワードクラウド確定申告とfreeeの最も安いプランを比べた場合、freeeの方が年間・月間ともに利用料金は安いです。

<マネーフォワードクラウド確定申告とfreeeの料金プランの比較>

マネーフォワードクラウド確定申告freee
・月払料金 1,280円(税抜)
・年払料金 11,760円(税抜)
※パーソナルライトプランの料金
・月払料金 980円(税抜)
・年払料金 9,800円(税抜)
※スタータープランの料金

年間契約をすると、freeeの方が1年間で1,960円お得に利用できます。

しかし、1日換算するとわずか5.5円ですので、マネーフォワードクラウド確定申告を利用しても大きな損にはなりません。

マネーフォワードクラウド確定申告のフリープランはお試し機能だけ

マネーフォワードクラウド確定申告のフリープランは、利用できる機能が制限されています。
そのため、年間通じて事業を行い場合には、有料プランに加入することが必須です。

<フリープランで利用できる機能>

サービス名フリープランで利用可能な機能
マネーフォワード クラウド会計・確定申告・仕訳登録件数が年度につき50件
・仕訳帳データのCSV出力不可
マネーフォワードクラウド請求書・登録できる取引先数は3件
・1アカウントのみログイン可能
・郵送機能は利用不可
・作成できる請求書の枚数に制限なし
・メール送信機能は利用可能
マネーフォワードクラウド給与以下のいずれかに該当する場合のみ、給与計算の確定処理が可能
・支給日から30日以上経過している
・給与計算対象人数が1名である
マネーフォワードクラウド経費・オーナーのみログイン可能
・登録できる経費明細は累計50件
マネーフォワードクラウドマイナンバー・従業員情報の手入力、およびCSVインポート不可
・登録済のマイナンバーの閲覧、およびダウンロード不可

データの自動連携機能がスマホ決済に対応していない

freeeはスマホ決済との自動連携機能がありますが、マネーフォワードクラウド確定申告はスマホ決済との自動連携はできません。

そのため、スマホ決済の仕訳については手動入力または、スマホ決済の連携してあるクレジットカードからデータ引継ぎをすることになります。

freeeは…

知識がなくても直感的に使える反面、すべての機能を使ったお試し期間がないことと、自動連係機能がスマホ決済に非対応なのが少し面倒。

マネーフォワードクラウド確定申告の口コミ・評判

これから長く経理をやるならMF確定申告、
知識ゼロで使うならfreee

マネーフォワードクラウド確定申告とfreeeとも使い勝手の評判はいいですが、個々の口コミを見ていきますと、少し違いがあります。


データの自動取得は、何も操作をしないことが最大のメリットですので、エラーなどのシステム面も判断基準です。


マネーフォワードクラウド確定申告は手動管理を自動化したイメージですが、freeeは直感で操作できる会計ソフトです。

初めて経理作業を行う人は直感的だとわかりやすいですが、経理知識がある人が触ると違和感が出ることもあります。


マネーフォワードクラウド確定申告もfreeeも利用してみないと本当の良さは実感できません。
マネーフォワードクラウド確定申告であれば、有料プランも1か月間無料で使えますのでこの機会に利用してみてください。

マネーフォワードクラウド確定申告公式サイトでキャンペーンを確認してみる

マネーフォワード確定申告無料プランと有料プラン比較
【キャンペーン有り】マネーフォワード確定申告の無料プランと有料プランの比較せまりくる確定申告。 令和になって初めての確定申告は、2020年2月17日~3月16日です。 通常は3月15日までですが、今回は...