投資信託

【2019年】インデックスファンドのポートフォリオ作成で気をつけるべきこと

「投資初心者にはインデックスファンド(投資信託)がおすすめ」なんてよく聞きますが、本当なのでしょうか?ネットでは失敗したとの声もあり、どちらが正解なのか迷ってしまいますよね。

 

この疑問に回答するとしたら、「インデックスファンドのポートフォリオを作成する際には気をつけるべきことがあり、それらを守らなければ失敗する可能性が高い」です。

そして、気になるポートフォリオ作成時の注意点とは、ずばり「世界市場ポートフォリオを意識する」ことです。

それは一体どういうことなのでしょうか。それではさっそく、詳しい説明を踏まえた上で、2019年におすすめのインデックスファンドをご紹介していきたいと思います。

インデックスファンドは初心者におすすめ

インデックスファンドは市場平均と連動する仕組
比較的リスクが少ない

そもそも、投資信託をおこなう際の手法には、大きく分けて2つのものがあります。

  • インデックスファンド
  • アクティブファンド

インデックスファンドは、高い運用益を目指して積極的に投資をおこなうアクティブファンドとは対照的に、市場平均である指数と連動していく仕組みなので、比較的リスクは少なめとなっています。

これが、投資初心者にはインデックスファンドがおすすめといわれている理由ですね。

さらにインデックスファンドには、

  • 商品を選ぶ手間がかからない
  • バランスのよいポートフォリオが作成可能
  • コストが安い

などのメリットもあります。

これらのメリットは、「企業ごとの値動きを中心とした市場の動向が判断しづらい」、「市場全体にバランスよく投資したい」、「銘柄調査などの信託報酬を抑えたい」などといった投資初心者の悩みを解決できてしまうのです。

知識はないが損をしたくないという不安を抱えている投資初心者にとっては、とても魅力的なのではないでしょうか。

かのウォーレン・バフェット氏も、投資初心者にはインデックスファンドを薦めていますよ。

ウォーレン・バフェット氏出典:MONEY VOICE バフェットの遺言。億万長者を生む「インデックス投資」の秘密とは?=東条雅彦

引用「資金の90%をS&P500に投資せよ(ウォーレン・バフェット)」

S&P500(エスアンドピー ファイブハンドレッド)はNYダウと並ぶ代表的な株価指数です。

引用元:ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~(東条雅彦)

気をつけるべきポイント

「世界市場ポートフォリオ」を意識して指数を選択しよう

「最適に分散された唯一のリスク資産のポートフォリオを無リスク資産と組み合わせて保有する」ことが、インデックスファンドにおける理論上の基本となっています。

そして、「最適に分散された唯一のリスク資産=全世界を投資対象としたときの、世界市場の縮小コピー」という考えが、この理論の結論。

株式会社ZUUが運営するZUU onlineでは、この世界市場の縮小コピーのことを「世界市場ポートフォリオ」と定義しました。

世界市場ポートフォリオは、全世界の株式会社を時価総額の比率で分散させれば実現可能です。

まだ慣れないうちは、日本株式・先進国株式・新興国株式のそれぞれに連動する株価指数を選択して世界市場ポートフォリオの実現を目指しましょう。

出典元:株式会社ZUU 初心者が選ぶべきインデックスファンド 3つの指数とは?