不動産・民泊

『不動産投資の学び方』Casegood(カセグ)の動画セミナーが効率的!メリット・デメリット・評判は?【PR】

不動産投資動画セミナースクール「カセグ(Casegood)」メリット・デメリット・評判

現代では人類の平均寿命が飛躍的に伸びてきて、「人生100年時代」や「少子高齢化社会」だなどと耳にすることも多いですよね。

この「人生100年時代」を生き抜くためには、必ず「お金」の問題がついて回ります

なぜなら、年金不足などが騒がれている老後の不安を解消するためには、まとまった資金を自分で稼いでおく以外、他に個人が行うことができる対策はないからです。

不動産投資のイメージこの資産運用の一つの選択肢として、「不動産投資」がありますが、やはりかなりハードルが高いと思われている方も多いですよね。

どうやって勉強したらよいのかさえ、分からない・・という声も。
そんなあなたへ、不動産投資を効率よく動画で学べる「Casegood(カセグ)」を紹介します。

結論、こんな人にオススメ
  1. 「不動産のプロ」から、最前線の情報や不動産投資で儲ける・稼ぐための”不変のスキル・ノウハウ”を学びたい初心者の方
  2. なかなか普段は忙しく時間がないため、通勤時間帯や空いた時間などで自分のペースを保ちながら、不動産投資を”動画や音声”で、効率的に学びたい方
  3. 年会費を数十万円も払って「大家の会」や「カリスマ不動産投資家サロン」などに属していたが、変な物件情報を紹介されるだけで、正直稼げるようにならなかった方

ちなみに、私は地銀や公庫から、合計約2億円ほど金利0%台で融資を受けている不動産投資家です。
2019年初には保有していた築古アパートを売却し、利益を確定させたりしています。

少しでも学ぶ意識があり「自力で稼ごう」とする行動する投資家と、そうでないものとの差はどんどん開いていきます。

Casegood(カセグ)は「無料」で会員登録もできるので、不動産投資の「ファーストステップ」を学んでみたいご自身にコンテンツがマッチしそうかどうか、確かめることもできます。

まずは気軽に動画を観てみてください。
(私も不動産投資家USK/ユースケとして、いくつかの動画コンテンツにてお話させてもらってます)

会員登録しなくても、観ることができるサンプル動画もいくつか用意されていますよ!

\無料で会員登録!/

不動産投資オンラインスクール「Casegood(カセグ)」の内容について

運営会社について

企業名 株式会社コン・パス
代表者 村上 俊介
所在地 〒100-0014
東京都千代田区永田町2-14-3 東急不動産赤坂ビル12階
(東京メトロ 赤坂見附駅)
設立 2013年7月
資本金 3000万円
業務内容 (1)不動産業務
・不動産購⼊相談、情報提供
・不動産売買、仲介業務
・不動産管理業務
(2)損害保険代理店業務
(3)生命保険代理店業務
所属団体 公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
免許番号 ・宅地建物取引業 東京都知事(2)第95627号
・一般不動産投資顧問業 一般 第1232号

コン・パス社は不動産投資業界では珍しく、YouTubeなどもうまく活用しながら、オンライン上での不動産スクーリング事業も展開している企業です。

代表の村上さんのTwitterは、日々のツイートに鋭い切れ味や毒吐きもあり(笑)、面白いですね。

村上さんは書籍も出版されてます。

売却で資産を築く!黄金の不動産投資 [ 村上俊介 ]
created by Rinker
¥1,650
(2020/04/04 12:57:53時点 楽天市場調べ-詳細)

発行するメルマガは10000人以上の購読者がいるとか。

この無料メルマガも、不動産投資の裏側だったり、タイムリーな時事ニュースをなかなか鋭い切り口で取り上げるのでかなり面白いです。

じっくり読むというよりは、1-2分で読めるので、朝のインプットなどに最適かもしれません。

「Casegood(カセグ)」に無料会員登録し、メルマガを読んでみる

提供されるコンテンツ

スマホでコンテンツを見る人全部で6点あります。

セミプロマインドセット 平日毎朝、音声コンテンツがメールで届きます。
プロの目線からみた最新市況状況や、分析などを通勤途中などに聞くことができます。
月刊セミプロ 会員向けの新聞のようなデジタル冊子です。
昔は製本して郵便で届ける、という形だったようですが、今の時代に合わせてデジタル配信に変更したようです。
そのまま紙の製本で郵送するのも不動産業界らしくて良かったと思いますがw。
不動産業界の裏話や、会員さんのインタビュー記事など独自のコンテンツが盛り込まれています。
週刊メルマガ 週一回のメルマガ配信があります。
会員からのQ&Aに応える内容や、ニュース解説のコンテンツなど。
こちらはテキストでのメール配信です。
マンスリーミーティング 月に一回のオフラインでの会員限定セミナーを実施。
Tweetのような面白い切り口で村上さんが生講義をしたり、ゲストスピーカーで会員さんが登壇して事例を聞く機会があります。
また会員さんからの持ち込みで、「この物件を買うべきか」「どう進めていったらよいか」のようなテーマを決めて、檀上で公開コンサルティングを行ったりする回も有りますね。
オフラインでの、プロへの相談機会を作ることができます。
懇親会・パーティ 3か月に一回はマンスリーミーティングと懇親会・パーティがセットで開かれます。
50人~100人規模が集まることもあり、かなり盛大です。
このような場でしか聞けないような話がポロッとこぼれてきたりすることもあるかもw
少人数制ゼミ アクティブ会員限定コンテンツ。一回6名限定での開催。
内容は個別案内。

結構なボリュームのコンテンツです。

このほかに、既に会員プラットフォームの中に、50本~の動画コンテンツが格納されています。(今後どんどん拡充予定との事)

これを文章で読んでいくと大変なデータ量ですが、動画コンテンツなので、ながら作業で耳で聞くだけでも良いですね。

実績や評判は?


Casegood(カセグ)の前身であるコンパス社の「不動産投資実践会」は、もう2年以上続いており、3000人ほどの投資家を輩出しているとの事。

売却で資産を築く!黄金の不動産投資 [ 村上俊介 ]
created by Rinker
¥1,650
(2020/04/04 12:57:53時点 楽天市場調べ-詳細)

村上さんの書籍を読んで、会に入ってきた方も多いようですね。

首都圏での新築アパート戦略や、良い物件を安く仕入れて売却で大きく利益を出し、資産を形成していく手法などを解説されています。

築1-2年で売りに出されている新築物件たまに見かけますよね。

全部がそうではないとは思いますが、実践会出身の方が作った物件で、かなり安く新築アパートを仕上げて、利ザヤを乗せてすぐ売却成功した方の事例をよく耳にします。

メルマガは1万人以上が購読、実践会も数千人規模でのコミュニティが既に形成されており、不動産業界以外ではあまり知名度はないかもしれませんが、コンパスのコミュニティ網は、かなり規模が大きいポジションと言えます。

Casegood(カセグ)で投資家の他事例をみてみる

会員のランクとは?

不動産投資オンラインスクール「Casegood(カセグ)」の会員プランとはこんな感じのランク分けとコンテンツ提供の差異となります。

オンライン会員とアクティブ会員

アクティブ会員になると、当然すべてのコンテンツを使い倒せます。
少人数ゼミの受講や各種オフラインイベントへの参加も可能。

しっかりオフラインの場も活用してみたい、という方はこのアクティブ会員がおすすめ。
※マンスリーミーティングは参加できない場合、アクティブ会員とミーティング参加者には動画としての配信があるので、遠隔の方や都合が悪い方も安心かと!

月額の費用が1万円近くなるのは、ちょっとキツイ・・という方は、中位ランクの「オンライン会員」がバランス良いかもしれません。

オフラインイベントも、有償で参加できるので、どうしても興味のある回のみスポット費用を支払うことで参加、という使い方もできますね

無料会員という選択肢もあり!

まずは無料会員から、という方は無料動画やメルマガで雰囲気を掴んで、会員プランをアップする検討をしていくのも全然有りです。

実はこのメルマガだけでも、なかなか村上さんの文章が面白く、時々時事ネタなんかを挟んでくるので、インプットするだけでもノウハウ向上に繋がりますよ。

Casegood(カセグ)の無料動画やメルマガを確認してみる

「Casegood(カセグ)」のメリット

3本の指

サービス開始後、コンテンツを観てみた結果ですが、3点ほどメリットをまとめてみました。

サブスクリプション型の月額課金なので、始めたいときに始めれば良いですし、辞めたくなったら、1ヶ月で辞めるのも自由にできます。

動画を中心にしたオンラインコンテンツで学べる

ネット保険にスマホで加入する人

現在、下記あたりのカテゴリで50本程度の動画があります。
1日一本ずつ観ても、1ヶ月では見終わりませんね。

  • 投資戦略・ビジネス編
  • 不動産投資実務
  • 物件価値判断
  • 税務・会計
  • 投資化ボイス
  • セミプロマインドセット

動画コンテンツの良いところは、電車などで移動している間など、スキマ時間を使って、学べることです。

スクール形式などで、サラリーマンとしての勤務終了後にどこかの学校に通って、1~2時間勉強したあと、またそこから帰宅して、、などと考えていくと、結構大変ですよね・・。

またオンライン中心のコンテンツですので、不動産投資は学びたいけど、いきなり濃い人付き合いをはじめるのは、ちょっと・・という方にもおすすめです。

動画コンテンツ型 スクール型
学べる場所
どこでもOK

決まった場所に通う必要がある
時間帯
いつでもOK

決まった時間に行く必要がある
授業形態
オンライン動画を視聴

教室の中で対面
質問
メールやQA問い合わせからは一応可能だが、個別対応には弱い

個別で教師に質問することもできるのはメリット

Casegood(カセグ)における個別質問への対応は、アクティブ会員になってセミナーに行った際に直接、講師陣に聞く形です。

※問い合わせページなどからのメール質問も可能ですが、回答の個別対応はメニューには無いので、メルマガのQAコーナーに取り上げられるのを待つ、という形になります。

再現性のあるスキルや、必要なマインドが学べる

通帳をもとに計算する人

不動産投資は、他の投資に比べて、再現性が高い投資と言えます。
FXなどは、かなり一部の天才トレーダーと負け組投資家の差が激しいですよね。

不動産投資のセオリーや実業務は、

  • どのような交渉ルートを進めれば成功により近づけるか
  • こういう物件を買うと失敗する・・

というのが、今までの幾多の投資家達の成功や失敗体験から、ほぼほぼ見えています。

こういった事例を学ばない投資家が失敗し、勉強するものが更に成功していく、というスパイラルですね。

Casegood(カセグ)では、実際の販売図面を使った物件購入判断講座【物件千本ノック】や、先行している投資家の実例話【投資家ボイス】などから様々なケースを学ぶことができます。

オフラインでのコミュニティやミーティングにも参加することができる

マンスリーミーティングという会員限定のオフラインセミナーもあります。

Casegood(カセグ)の最上位ランク「アクティブ会員」になると、こちらには無料で参加する権利がありますが、前述のとおり、オンラインコンテンツ視聴のみの「オンライン会員」でも、興味のあるコマのみ有料で参加する、という形式も可能です。

動画で観ている講師と実際に会話もできますし、資家同士の情報交換こそ、実は一番実のあるコンテンツかもしれません(笑)。

無料のメルマガ会員は、有料でもオフラインコンテンツへの参加権はありませんのでご注意を!

Casegood(カセグ)のサンプル動画を観て会員ランクを検討してみる

「Casegood(カセグ)」のデメリット・注意点

いくつかデメリットというか、「注意点」もあるかな、と感じたので、こちらに関してもまとめてみました。

結論、自分では何もせず、このようなスクール事業者側になんとかしてもらおう、と思っている方にはオススメしません。

そういう他人任せの投資家は、この動画コンテンツを観ても
『メリットを感じない、お金と時間のムダだった!』
という感想しか出てこないと思いますので、注意喚起しておきます。

物件情報の個別提供は無し

Casegood(カセグ)では、QAなどにも明記がありますが、物件情報の提供はありません。

会員登録したら、物件情報を提供してくれる、と思っていたらミスマッチになりますのでご注意ください!

(イメージ画像です)不動産投資マイソクで物件診断

代わりに【物件千本ノック】という、実際の販売図面を使った物件診断の解説動画コンテンツがありますので、そちらで情報の見方や分析の目線などを自分自身で学ぶことができます。

良い物件は結論、自分で探すしか有りませんし、「良い物件を作っていく」「良い物件に仕上げていく」というマインドが必要です。

この辺りも、「Casegood(カセグ)」のマインドセット動画で、テーマとして取り上げられています。

自分で探した訳ではない、誰か他の業者に仕立て上げられた物件を言われたまま購入したサラリーマン大家達の末路は・・どうなったかは説明しなくても分かりますよね。

オンライン会員だと、通常メニュー内では他の投資家との交流の機会は無し

不動産投資オンラインスクール「Casegood(カセグ)」の会員プランとは会員プランを再掲しますが、オンライン会員(月額2,980円+tax)には、オフラインのイベント参加権利が通常メニューには入っていません。

交流を持ちたい場合は、イベントごとに有料で参加するイメージになります。

まずは交流の場は無くても良いという方は、初めは、Casegood(カセグ)プラットフォーム内に閉じた形での無料メルマガもしくは、オンライン会員で様子見。

そして、他の投資家達のコンテンツやマインドセット動画などをじっくり見て、自分に合いそうだと思ったときに、会員のランクアップ、という形も取れます。

Casegood(カセグ)のコンテンツを確認してみる

他の不動産投資サロンとの比較

比較のイメージ同様の不動産投資スクールやサロンとの比較をしてみました。
有名どころでいうとファイナンシャルアカデミーとXXがありますね。

同様のオンライン不動産スクール(ファイナンシャルアカデミー、大家の会など)との比較

Casegood(カセグ) ファイナンシャルアカデミー 某、様々な大家塾
オンライン受講費用 2,980円+tax
(月額)
※2年換算:
71,520円+tax
298,000円+tax
(2年間一括)
30万円~100万円など※半年や年間費用
コンテンツ 動画50本~
(どんどん最新情報が追加される)
テキスト資料DL
90分×15回分
DVD12枚
教科書15冊
その大家塾それぞれ独自のコンテンツ
支払い方法 月額サブスク型
一か月ごとに解約可能
初回一括支払い 一括支払いが多い
支払い種別 クレジットカードのみ クレジットカード
銀行振込
AmazonPay
教育ローン
クレジットカードや銀行振り込み等
講師陣 現役の不動産投資会社のプロ、税理士、ゲスト投資家など サラリーマン大家出身陣営が多い(経歴も2015-2016年あたりで止まっている) 経歴様々、玉石混合
オフラインコンテンツ 8,980円+tax
(月額)
・オンラインコンテンツ全て+月1回の最新市況セミナー受講権+少人数ゼミでの相談権利
298,000円+tax
(2年間一括)
・全15コマの教室での授業を受講
※一回1.5時間
※日程は固定
旅行や合宿などお好きな方は様々なイベント有り(別途費用発生)

正直、30~100万円出せるなら、地域にもよりますが、もう少し予算を積めば、空き戸建てなどの築古物件買えてしまうかもしれませんね(笑)

※100万円台などで売っている戸建てもあります。
学ぶより先に不動産投資家デビューしてしまう、というやり方も推奨はできませんが「有りと言えば有り」です・・。

不動産投資のDVDを観て学ぶ人
この表で比較してみて言うのも何ですが、ファイナンシャルアカデミーのコンテンツは「DVD配布型」です。

正直『2年間分として渡されたDVDで学ぶオンラインスクール』(この変わりゆく不動産投資業界の2年後に、そのDVDが価値を持つかどうか・・)と、リアルタイムで最新コンテンツが更新・追加されていく動画プラットフォームでの学び方、を比較するのもどうなのかと、思ってきたのは私だけでしょうか(笑)

まずは、Casegood(カセグ)を使って、不動産投資のベーシックなノウハウ・スキルや実践事例などを月額数千円のサブスクリプション型で学び、もうコンテンツは十分だな、と思ったところで退会する選択肢を検討する、というのは、全然「あり」ですし、いわゆる”経済的合理性”から言っても妥当な考え方です。

コンテンツはどんどん拡充していくので、「学び」が続く限りは継続するものもまた良しです。

この月額数千円を支払う検討すらそもそもできない・苦しいという方は、不動産投資には向いていませんので、このページを閉じていただいてOKです。

「Casegood(カセグ)」についてまとめ

不動産投資オンラインセミナーを受講中

自分で学ぼうとする意欲のある初心者の方や、まだ不動産投資始めたての方のおさらいにおすすめ

あらためて、Casegood(カセグ)はこんな不動産投資オンラインスクールです。

  1. 不動産投資初心者向けのオンライン動画コンテンツで、不動産投資について最新の情報を学べる
  2. 実力のほどが良く分からない「人気の大家さん講師の話」ではなく、「不動産事業のプロ」が発信するコンテンツがどんどん追加され、最新の市況情報に追従することができる
  3. オンライン動画形式なので、どこにいても観たいときにスマホでも観られる
  4. 月額課金型なので、始めたいときに始めて、辞めたい時に辞めればよい
    (無料のメルマガ会員もあり)
  5. 上位ランクの会員になると、オフラインでのセミナーに参加することもでき、直接リアルな場で交流も可能
  6. すでに10000人以上のメルマガ読者や、3000人以上も不動産投資家を輩出したコミュニティ母体もあり、リアルな濃い悩み・進め方の情報共有ができる

不動産投資の本質の情報が、月額数千円で手にはいるようになってきたとは、良い時代ですね。

融資の引き締め情報もあったり、不動産市況も今後どうなっていくのか何とも見極めが難しい時期ですが、「自分自身での学び」や「自分への投資」が、そんな時に力を発揮してきます

ぜひ、積極的に学び、行動し「稼ぐ力」を身に付けていきましょう。

\無料で会員登録!/