泉佐野市

さのちょくは必ずしもお得ナンバーワンではない!!泉佐野市ふるさと納税で、楽天・さとふると比較

泉佐野市さのちょく、楽天、さとふるを比較!

自治体への寄付金で、生活が潤うふるさと納税。

2017年に、135億3,300万円ともっとも寄付金を集めた自治体が大阪府泉佐野市です。
2018年は前年度比で約2.7倍の360億円に上る見通しという発表もされ、多くの人から注目を集めています。

そんな泉佐野市のふるさと納税サイトが「さのちょく」。

なんと、2019年の2月~3月にかけて、返礼品に加えて、寄付額の10~20%がアマゾンギフト券として還元されるという閉店キャンペーンを実施しています。

さのちょく閉店キャンペーン

今回は、ふるさと納税の定番サイトとさのちょくを比較して、どこから申し込むのが一番おトクなのかをチェックしてみました。

結論、「さのちょくが、常におトク度ナンバーワンな訳ではないので注意!」です。

ふるさと納税おすすめサイトランキング
【2019年最新版】ふるさと納税おすすめブログ記事まとめ&サイトランキング評価!2019年ふるさと納税におけるおすすめサイトは1位「さとふる」、2位「ふるさとチョイス」、3位「ふるなび」です。それぞれの理由はなぜか?お答えしていきます。また、2019年6月以降に規制や除外が掛かってきますので、その制度や話題の泉佐野市についてのコラムなども紹介しています。...

ふるさと納税漫画解説1「税制メリット」「特産品がもらえる」>>マンガの続きはこちら!!

ふるさと納税意味が分からない人へマンガで解説
【ふるさと納税のわかりやすいや仕組み・やり方】意味が分からない初心者の方へ、漫画・イラストでシンプルに解説!【漫画で解説!】ふるさと納税の仕組みについて、まだ意味不明・意味が分からない人へ、漫画でシンプルにわかりやすく解説する記事です。ふるさと納税は「翌年の住民税の前払いで、税金を寄付の形で前払いした先の自治体(どこでも選べる)から、返礼品がもらえる。寄付した分、翌年は住民税が少なくなる(前払いしているので当然)、手元には返礼品がある!」という流れです。...

さのちょくが必ずしもおすすめとは限らない!

色々と批判や問題点も聞こえる泉佐野市のふるさと納税サイト「さのちょく」、どんなサイトか色々と情報をまとめてみました。

マイページにつながらない、ログインできないという声

人気がゆえに、大規模なキャンペーンを打ち出した直後や、ときたま何かしらのタイミングでサイトに繋がらないことも多々あるようです。

返礼品のタイミングにより高くなっているかもしれない

まず、さのちょくのキャンペーンについて気になる点をまとめました。

総務省からの指摘が入った

ふるさと納税の返礼品は、「返礼品は3割超まで」と「地場産品」と決まっていますが、泉佐野市は、この2つの決まりから外れたふるさと納税施策を連発していたため(アマゾンギフト券など)、総務省からの今後のふるさと納税「除外」リストに入っています。

詳しくは下記を参照ください。

総務省、ふるさと納税に規制!アマゾンポイント還元は今後NG。
【2019年6月からの規制法成立!】総務省、ふるさと納税のアマゾンポイント・ギフト券還元自治体を除外!総務省への電話インタビュー有りの記事!【2019年5月最新情報】除外された4自治体の情報あり!総務省ふるさと納税に規制!アマゾンポイント・ギフト還元は、税制改正大綱案によると、2019年NGになりそうです。具体的にどのような内容なのか、規制が施行されるのはいつからなのか、記事にしました。更にこの規制の動きを考えると、2019年ふるさと納税は前半が勝負ですね!その点も交えて、分かりやすく解説します。...

目を付けられてしまうだけおトクな還元率だったということでもあるようですが・・
応援している方も多かった事はまた事実です。

値段設定が高いこともある

さのちょくからふるさと納税を申し込む場合は、「A」「B」の2つのコースがあります。
2つのコースのどちらを選ぶかによって、かかる費用が変わってくることが分かりました。

まず、さのちょくで行われているキャンペーンの一例は、次の通りです。

Aお礼品は順次発送・・
お礼品+Amazonギフト券10%
(例:寄附額10,000円⇒ビール1ケース+Amazonギフト券1,000円分)

Bお礼品は5月以降の配送月指定・・
お礼品+Amazonギフト券20%
(例:寄附額15,000円⇒ビール1ケース+Amazonギフト券3,000円分)

さのちょく返礼品2つのコース出典:さのちょく公式サイト

お礼品をどのタイミングで発送するかによって、ギフト券の還元率が変わります
今回は、「国産味付けいくら 500g」という返礼品を比較してみましょう。

返礼品いくら
出典:さのちょく 今月の人気ランキング

まず、さのちょくを見てみます。

A 順次発送 お礼品+Amazonギフト券10%の場合は
10,000円の支払いに対して、1,000円のギフト券がついています。

B 5月移行の配送付き指定 お礼品+Amazonギフト券20%の場合は
15,000円の支払いに対して、3,000円のギフト券がついています。

この時点で、「B」のコースの支払い額が高くなっていることに気が付きますね。
それでは、ほかのサイトと比較してみましょう。

さのちょくと楽天市場ふるさと納税、さとふるの比較

同じ返礼品でもプランと利用するサイトによってお得さが違う!

サイトごとに、その時期その時期で比較して、ふるさと納税を申し込むことが大事です。
国産いくら500gという商品で比較してみましょう。

楽天ふるさと納税」では、10,000円になっています。

 

ふるさと納税サイト、「さとふる」では、10,000円になっています。

さとふるの返礼品いくら>>さとふる 大阪府泉佐野市 国産味付いくら500g

  • さのちょく「A」と比較すると、さのちょく「A」がおトク
  • さのちょく「B」と比較すると、さとふるがおトク。
    楽天ポイント加味すると楽天ふるさと納税もおトク

このように、どのプランを選ぶかでおトクさも変わります。

ふるさと納税を行う場合は、しっかりとサイトを比較して申し込むことをおすすめします。

※2019年3月4日時点
また、還元率は、返礼品の種類によって異なることもあります。また、記事作成後に情報が変わっている可能性もあります。お申込みの際は、ご自身でよく比較してご検討ください。

※2019年5月追記
Cコースが出来ました。返礼率50%+Amazonギフト券10%と完全に政府を無視する対応に賛否両論です。

泉佐野市、積極的な姿勢は興味深いのですが、少しやりすぎの感も有りますね・・

ふるさと納税やりすぎの泉佐野市、総務省からの名指し見直し要請に反論も
ふるさと納税やりすぎの泉佐野市とは?総務省からとうとう除外を喰らいました・・ふるさと納税やりすぎの泉佐野市とは、どのような自治体でしょうか? 総務省からの名指しでの見直し要請も受けており、反論の会見を開くなど対立構造となっています。今後のふるさと納税はどうなっていくのか、泉佐野市の動向やクチコミをまとめてみました。...

当サイトではお礼品の到着が早くキャンペーンを多発している、さとふるをオススメしています!公式サイトで最新キャンペーンを確認してみてください!

ふるさと納税おすすめサイト「さとふる」はお礼品の到着が早い!

\キャンペーンがお得!/ さとふる公式サイトで最新キャンペーンを確認する

さとふるキャンペーンコードをメルマガ配信
【キャンペーンコード】さとふるメルマガ号外でプレゼント企画の案内有り!?ふるさと納税おすすめサイト「さとふる」はキャンペーンコードの配信がメルマガで来ます。困ったことに、大事なものは「不定期」なんですよね!つまり『号外』がいきなり来ます。 会員登録&メルマガ配信登録しておかないと、大事な『号外』を逃します。※バックナンバーにも掲載されません。 登録した時には、大事なキャンペーン配信のメルマガを逃してしまっていた、という事がないように、ぜひ早めの登録+待機でどうぞ。 「さとふる」での、キャンペーンコードを使ったふるさと納税の実施をおすすめする記事です。...
さとふるはキャンペーンがお得
【2019年7月】ふるさと納税おすすめサイト「さとふる」はキャンペーンでお得!この記事では、ふるさと納税キャンペーンを月替わりで実施しておりお得なさとふるを紹介します。キャンペーンコードを発行したり、12月にはAMAZONギフト券がもらえるチャンスのメルマガ配信が有りました。 まだ、ふるさと納税を一度も実施したことがない人も、各自治体から情報が集まっているサイトはどんなものかが有るのかと、雰囲気が分かる記事となっています。...

知名度ナンバーワン、返礼品の数も半端ないふるさとチョイスもオススメです!

ふるさとチョイスのキャンペーンコードは?
【2019年7月】ふるさとチョイスのキャンペーンコードとは?ふるさと納税サイトの多くは不定期にキャンペーンを実施しています。 ふるさと納税をよりお得に利用するなら、キャンペーンの参加をしない手は...

ふるさと納税漫画解説1「税制メリット」「特産品がもらえる」>>マンガの続きはこちら!!

ふるさと納税意味が分からない人へマンガで解説
【ふるさと納税のわかりやすいや仕組み・やり方】意味が分からない初心者の方へ、漫画・イラストでシンプルに解説!【漫画で解説!】ふるさと納税の仕組みについて、まだ意味不明・意味が分からない人へ、漫画でシンプルにわかりやすく解説する記事です。ふるさと納税は「翌年の住民税の前払いで、税金を寄付の形で前払いした先の自治体(どこでも選べる)から、返礼品がもらえる。寄付した分、翌年は住民税が少なくなる(前払いしているので当然)、手元には返礼品がある!」という流れです。...