さとふるプチ情報

ふるさと納税で台風15号の被災地支援ができる!まだまだ支援が必要な状況

ふるさと納税被災地支援(台風15号)

何千年も前から日本は台風と切っても切れない関係にあります。

1200年、2度にわたりモンゴル帝国が日本に侵攻。
苦戦していたそのときに神風(かみかぜ)が吹き荒れ、彼らを追い返したとあります。
古くは日本書紀に記録のある神風は、台風だったのではないかと言われているのです。

ときに日本を守り、大地をうるおしてきた台風。
私たちの時代に被害は甚大なものになっています……。

ふるさと納税台風15号支援

今回台風15号で、被害を受けた地域でふるさと納税で応援できる制度を紹介します。

さとふるで台風15号の被災地支援を実施する

さとふるはキャンペーンがお得
【2020年8月】ふるさと納税おすすめサイト「さとふる」キャンペーンコードでAmazonギフト券がお得!2019年12月【★キャンペーンコードは会員登録後、メルマガ登録を!★】さとふるでAmazonギフト券キャンペーンが復活しています!この記事では、ふるさと納税キャンペーンを月替わりで実施しておりお得なおすすめサイト「さとふる」を紹介します。キャンペーンコードゲットには会員登録&メルマガ登録が必要ですね。まだ、ふるさと納税を一度も実施したことがない人も、各自治体から情報が集まっているサイトはどんなものかが有るのかと、雰囲気が分かる記事となっていますよ!...

15号のあと、台風19号も大きな被害をもたらしましたね。
19号被害のおさらいと被災地支援についても別記事でまとめていますので、参考にしてください!

ふるさと納税台風19号被災地支援
ふるさと納税で被災地支援できる!台風19号の被害にもまだまだ支援が必要!令和の時代の幕開け、近年まれにみる台風被害の甚大さが記憶に刻まれることになりましたね。 東北・関東を中心に甚大な被害をもたらした台...

台風15号の猛威をおさらい

大変、猛威を振るった台風15号、どのような被害だったのかおさらいしてみましょう。

さとる
さとる
特に千葉県が尋常ではない被害でした

千葉県が大停電!ゴルフ練習場の鉄柱も倒れる!

台風15号天気図画像出典:Yahoo!ニュース

2019年9月5日に発生した台風15号(faxai:ファクサイ台風)は、9月9日5時前に千葉県に上陸しました。

その特徴は、千葉県に到達する前には「非常に強い台風」だったのに、上陸直前に「関東に上陸した台風の中で史上最大級」に成長したことです。

最大瞬間風速は、

  • 千葉県千葉市 57.5メートル
  • 千葉県木更津 49.0メートル
  • 千葉県成田空港 45.8メートル
  • 東京都羽田空港 43.2メートル
  • 神奈川県三浦市 41.7メートル

恐ろしいことに、いずれも観測史上1位を記録しました。

風速40メートルで身体を風に向かって45度傾けないと倒れる。
50メートルでたいていの木造住宅が吹っ飛ぶ強さとされています。

ち・・千葉県!

強風による建物への被害は甚大で、ゴルフ練習場の鉄柱が倒れました。
近隣の住宅を真っ二つした様子はまるで映画のワンシーンのよう。

川も山もない平野でこんなことになるなんて誰が思うでしょうか……。
死者が出なかったことが幸いですね。

当初はゴルフ場が補償すると言っていましたが、案の定、自分たちの保険でまかなえとなりました。
保険をかけていない人は泣き寝入り…?

そんななか、ゴルフ場の倒れた鉄柱の撤去作業を無償でおこなう会社も!

重機を支援にあてればその日の稼ぎがゼロどころか、重機を動かすための人件費と燃料代で赤字になります。
経営者の男気に惚れますね。

森田千葉県知事にもこれぐらいの気概があれば……。

火力発電、原子力発電の脱却、電気の自由化で増えたきたメガソーラー。
まだまだ課題は山積みですね。

被災により廃業に追い込まれる事業者も…。
悔しいことでしょう…。

台風15号による死者は、東京都で50代の女性が、千葉県で80代の男性の計2人。
強風や倒木が原因でした。
他に30人以上がケガを負いました。

長期間にわたる被害として停電と断水があります。
停電はわかるにしても、なぜ断水?

ちさと
ちさと
それは水道施設に発電機がないからです。送電が止まれば水も止まってしまいます

東日本大震災で福島原発が被災したときも停電が起こり、自家発電に即座に切り替わりました。
ところが発電機は屋外にあり、津波で被災。
その結果、メルトダウンが起こる事態に。
電気が止まっても水は止まらないシステム作りは急務だと感じます。

復興を応援するために、プロサッカー選手たちによるチャリティーオークションを開催しています。

激甚災害とは

被害が大きく、国や市町村で特別な支援が必要な災害

日本列島を異常気象が襲うイメージ図

激甚災害(げきじんさいがい)とは、災害によって被災地域・被災者に対し助成や援助を必要とするものを指します。

国レベルで災害として認定をするレベルと、市区町村で認定をする2つのレベルがあり、それにより地方財政を守る体制になっているのです。

激甚災害の概要図

過去の激甚災害は以下のものです。

激甚災害指定状況一覧
災害名
主な被災地
東日本大震災青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨木県、栃木県、千葉県、新潟県、長野県
梅雨前線・台風8号長野県、宮崎県
台風第11号・台風第12号・前線による豪雨北海道、京都府、兵庫県、大阪府、奈良県、広島県、徳島県、愛媛県、高知県
台風第19号兵庫県
平成26年11月22日の地震長野県
平成26年等局激
梅雨前線・台風第9号・台風第11号・台風第12号熊本県
台風第15号三重県
台風第18号等宮城県、福島県、茨城県、栃木県
平成27年等局激
平成28年熊本地震熊本県等
梅雨前線熊本県、宮崎県
台風第7号・台風第11号・台風第9号・台風第10号等北海道、岩手県
台風第16号宮崎県、鹿児島県
平成28年等局激
梅雨前線(九州北部豪雨等)、台風第3号福岡県大分県、秋田県
台風第18号京都府、愛媛県、大分県
台風第21号新潟県、三重県、近畿地方
平成29年等局激
梅雨前線(平成30年7月豪雨等)・台風第5号・第6号・第7号・第8号岡山県、広島県、愛媛県
台風第19号・第20号・第21号等和歌山県、奈良県、大阪府、長野県、新潟県
平成30年北海道胆振東部地震北海道
台風第24号鳥取県、宮崎県、鹿児島県
平成30年等局激
梅雨前線・台風第3号・第5号長崎県、鹿児島県、熊本県
前線による豪雨・台風第10号・第13号・第15号・第17号佐賀県、千葉県
台風第19号岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県

激甚災害の指定の流れは、

    1. 災害の発生
    1. 現地調査
    1. 見積り
    1. 基準と照らし合せる
    1. 指定可否

カンタンに説明するとこのようなものです。

激甚災害指定の流れ

ふるさと納税で支援ができる!

こんな甚大な被害を被った地域に、縁やゆかりがなくても、何か支援がしたい!と思うのはすばらしいことです。

寄付したい自治体にダイレクトで支援ができるから安心!

通常の寄付では、どこにいくら使われて、どのようになったのかがまったくわかりません。
CMをガンガン流して、東京の一等地に自社ビルを構える日本ユニセフも疑われているぐらいです。

さとる
さとる
本当に被災地に届いているの?その金額は?割合は?

被災地を助けたけれど疑心暗鬼な方におすすめなのが、ふるさと納税を利用した寄付!
支援したい自治体を直接選べます。

災害支援のふるさと納税一例

ふるさと納税のポータルサイトは、自治体に寄付金が届くまで数パーセントの手数料がかかりますが、それを除いた金額すべてが被災自治体のものに。

さとる
さとる
これなら安心!

そして、被災地支援のふるさと納税については返礼品はありません。

返礼品にかかる費用もゼロのため、被災地にとってはありがたいふるさと納税なのです。


当初のふるさと納税は返礼品はありませんでした。
1つの自治体が善意で返礼品を送りはじめた結果、「ふるさと納税=返礼品がもらえる」というものになってしまいました。

そのため、以下のようなやり取りも……。

ちさと
ちさと
返礼品がもらえるからふるさと納税をやっている方にとっては、寄付したのに返礼品がこない!という事態にもなりえます。この点はご注意ください。

災害の多い日本。

私たちもいつどのようになるかはわかりません。
助け合える制度を生かしていきましょう。

ふるさとで台風被害などの納税被災地支援

\ふるさと納税で被災地支援/ 台風15号の被災地へ寄付を実施する