キッチングッズ・調味料

ふるさと納税で日本の伝統工芸を守る!美しい技術

ふるさと納税おすすめ伝統工芸

日本には、伝統工芸という文化があります。

この伝統工芸とは、長年にわたり受け継がれていく技術や技のことです。その特徴は熟練した技術を持った職人がひとつひとつ手作業で作り上げていくことにあります。

とはいえ簡単に物が買えてしまう現代では、伝統工芸にはあまり興味がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

昨今では日本特有の伝統工芸が、時代の流れと共に失われる危機に直面しています。

さとる
さとる
これは由々(ゆゆ)しき事態・・

そこで、今回は古くから日本に伝わってきた技術で作り出される伝統工芸品をご紹介します!

さとふるはキャンペーンがお得!の漫画\キャンペーンがお得!/ さとふる公式サイトで最新キャンペーンを確認する

 

ふるさと納税おすすめの食器については別記事にまとめていますので、参考にしてください!

SNS映えするデザイン性の波佐見焼など、ふるさと納税には可愛い食器の返礼品も、実は沢山あるんですよ。

ふるさと納税SNS映えする器【関連記事】ふるさと納税でSNS映えする「器」をゲット?デザイン性バッチリ

長野県のろくろ細工。漆仕上げの丸重箱は現代にもピッタリ

輝く美しい木目は職人の証

長野県南木曽町からは、伝統工芸品ろくろ細工のご紹介です。このろくろ細工の歴史は、古く江戸時代から製造されてきました。

南木曽町

ろくろ細工の特徴といえば、原木を輪切りにしたものをろくろと呼ばれる回る台の上に乗せ、カンナで削りながら形を整えていく技法になります。

元の形は輪切りにしただけの木ですから、その状態から形を整えていくには熟練の技が必要!

さとる
さとる
これぞ職人芸……!

このろくろ細工の特徴は、もうひとつあります。それは成形された木工細工に漆(うるし)を最低でも6回多い時は7~8回塗り重ねて作られていることです。

漆を塗り重ねる工程を繰り返した食器は耐久性が高いのも特徴で、使用後も塗り直しを重ねることで数十年と長持ちします。

ちさと
ちさと
手間がかかるからこそ、漆塗りの食器は高いというイメージがあるかもしれません

とはいえ一度手に取手っていただければ、手になじみ木の温かさを実感することができます。

またこのろくろ細工は、原木となる木の木目や木の質また全体の雰囲気から作る製品が決められていますので、機械のように大量生産できるわけではありません。

ひとつの丸重箱を作りだすまでの工程へのこだわりは、実に興味深くはないでしょうか。

内 容南木曽ろくろ細工 栃 丸重箱(2段セット)
サイズ21cm(直径)×13cm(高さ) ※一段の高さ5.5cm、深さ4cm
原材料栃、漆
寄付金額85,000円
備 考・木の木目は均一ではありません。
・漆塗りの為、ご使用年月、頻度によって色の変化が生じます。

木が持つぬくもりが優しい…丸重箱を選ぶ

熊本県の小代焼(しょうだいやき)はしっとりした色気

形成から窯焼きまでを一貫して作られるコーヒーカップ

熊本県荒尾市からは、伝統工芸品小代焼(しょうだいやき)です。

この小代焼の歴史は、江戸時代から始まります。寛永年間、約400年前から焼かれていた陶器です!

さとる
さとる
歴史が長いですね!

鉄分を多く含む小代粘土に、藁灰釉(わらばいゆう)を配合して焼くことで独特の色合いを生み出します。

配合する藁灰釉の配合量によって焼き上がりの色が変化するのが特徴。
ひとつひとつ斬新なデザインや色合いを楽しめる陶器です。

ご紹介するコーヒーカップは、窯元が開発した黒釉を使用することで、深みのある黒色が高級感をかもしだすデザインになっています。

ちさと
ちさと
朝にこのカップでコーヒーを飲んだらおしゃれですね!インスタにアップしなきゃ…!

またひとつひとつが手作りで作られていますので、少しずつ形に違いがあるのも魅力ではないでしょうか。

ペアカップになっていますので、普段使いから来客用としても場面を選ばずご使用していただけます。

内 容コーヒーカップ 黒×2
原材料陶土、釉薬
寄付金額28,000円
備 考手作りのため、一点ずつ個性があります。

シックで美しいインスタ映えするコーヒカップを選ぶ

いい包丁は一生もの…土佐打刃物の手打鍛造包丁

黒い刃先がスッとしてカッコイイ包丁!

高知県香美市からは、伝統工芸品・万能包丁黒内舟行です。

こちらの包丁は、土佐打刃物の手打鍛造包丁。この土佐打刃物の歴史は、天正18年(1590年)にはすでに多くの鍛冶屋で作られていた刃物です。

さとる
さとる
400年以上の歴史がある土佐の伝統工芸なんですね!

土佐刃物の特徴は、ひとつの刃物ができあがるまでのすべての工程をひとりの職人が行っていることにあります!

また万能包丁ですので、食材を選ぶことなく使えるのもうれしいですね。

ちさと
ちさと
固いものを切るのには向きませんのでご注意ください

こちらの土佐刃物は、定期的に包丁研ぎを行うことで耐久性もよくなりますので、長期間使用することができます。

黒打舟行はその名の通り包丁のボディが黒く力強い出来栄えになっていますので、女性はもちろんのこと、料理好きの男性にも好まれるデザインとリーズナブルな価格が魅力的な伝統工芸品です。

内 容1丁140g
サイズ刃の長さ16.5cm
原材料安来青鋼
寄付金額9,000円
備 考食器洗い乾燥機のご使用はお避けください。

料理好きなら1本は持っておきたい職人仕上げの包丁を選ぶ

まとめ

ふるさと納税だからこそ助けられる伝統工芸

伝統工芸品の特徴は、機械での大量生産とは違い一品一品が手間暇かけられて作られていることにあります。そのため、長期間使用しても劣化しにくく丈夫なのが特徴です。

しかし伝統工芸には、後継者の不足や原材料の不足また値段が高いという問題点があります。

さとる
さとる
なかなか買えるお値段でないことはたしか……

リーズナブルな価格で簡単に物が手に入る時代ですので、伝統工芸品をあえて選ばない選択肢の方が多いのも事実です。

とはいえ、古い歴史の中で引き継がれてきた日本ならではの伝統の技術が途切れてしまうのは、とても残念!

ただ、私たちが対象地域へふるさと納税をすることで、後世にも日本の職人技術を残す手助けができます。

ちさと
ちさと
ふるさと納税もひとつの応援のカタチですね!

ふるさと納税の返礼品として伝統工芸品が届きますので、今まであまり興味がなかった方もこの機会に日本の伝統技術にふれてみるのはいかがでしょうか。

伝統工芸品は、使用する私たちも代々へと受け継いでいくことができます。
是非お手元にとり、伝統工芸品の良さをお試しください。

ふるさと納税おすすめサイトさとふるはお礼品の到着が早い\ふるさと納税フル活用!/ お礼品の到着も早い「さとふる」でオトクなキャンペーンを探す

鉄製の調理器具で有名な「燕市」についても、別記事にまとめていますので読んでみてくださいね!

ふるさと納税おすすめキッチングッズ(包丁・鍋・フライパン)
【大満足!】ふるさと納税「キッチングッズ」は燕市の鉄製フライパンが一番人気でオススメ!ふるさと納税キッチングッズを紹介します。やはり一番のおすすめ・人気は「燕市の鉄製フライパン」!古くから鍛冶の街として知られる燕市の職人技は世界に誇れる技術。そんな職人愛が詰まったフライパンがふるさと納税で注文できますよ!詳しくは記事を参照ください。...

ふるさと納税漫画解説1「税制メリット」「特産品がもらえる」>>「ふるさと納税」いまだに意味が分からない方へマンガで解説

ふるさと納税いまだに意味が分からない人へ
【ふるさと納税のわかりやすいや仕組み・やり方】意味が分からない初心者の方へ、漫画・イラストでシンプルに解説!【漫画で解説!】ふるさと納税の仕組みについて、まだ意味不明・意味が分からない人へ、漫画でシンプルにわかりやすく解説する記事です。ふるさと納税は「翌年の住民税の前払いで、税金を寄付の形で前払いした先の自治体(どこでも選べる)から、返礼品がもらえる。寄付した分、翌年は住民税が少なくなる(前払いしているので当然)、手元には返礼品がある!」という流れです。...

ふるさとチョイスのおトクな活用方法は・・?
漫画で記事にしていますよ!

お腹が空いているいる「さとる」
ふるさとチョイスふるさとチョイスの「キャンペーン」・・?