さとふるプチ情報

ふるさと納税をした時の確定申告まとめ(確定申告不要なワンストップ特例制度も紹介)

ふるさと納税確定申告

ふるさと納税をすると、寄付金額に応じて所得税と住民税が減税される仕組みになっています。

しかし、税制面で優遇を受けるためには確定申告をする必要がありますが、わざわざ確定申告しなくても良い方法(「ふるさと納税ワンストップ特例制度」)もあるのです。

こう聞くと、少し難しそうなイメージがありますね。
ふるさと納税はかなりお得な制度ですが、まだ始めていない人に聞くと、
「確定申告とか、よくわからない。なんか面倒くさそうだから」
という答えが返ってくる事が多いです。

「ふるさと納税=絶対、確定申告必要」ではありませんので、今回は「さとふる」などのふるさと納税サイトを使ってふるさと納税をした時に、確定申告が必要ないケースと、必要なケースの手続きについて一緒に見ていきましょう。

この記事でわかること
  1. ふるさと納税で確定申告が不要なケースとは?「ワンストップ特例制度」
  2. ふるさと納税で確定申告が必要なケースとは?
  3. 手順まとめ

さとふるはキャンペーンがお得!の漫画\キャンペーンがお得!/ さとふる公式サイトで最新キャンペーンを確認する

 

ふるさと納税サイトの「さとふる」はキャンペーン中
【2019年5月】ふるさと納税おすすめサイト「さとふる」はキャンペーンでお得!この記事では、ふるさと納税キャンペーンを月替わりで実施しておりお得なさとふるを紹介します。キャンペーンコードを発行したり、12月にはAMAZONギフト券がもらえるチャンスのメルマガ配信が有りました。 まだ、ふるさと納税を一度も実施したことがない人も、各自治体から情報が集まっているサイトはどんなものかが有るのかと、雰囲気が分かる記事となっています。...
ふるさと納税サイト「さとふる」をおすすめする理由
【2019年最新】 ふるさと納税おすすめサイトNo.1は「さとふる」!比較とその理由ふるさと納税サイトは、いっぱい有って正直選べませんよね。 結局どのサイトが良いのか?当ブログでのふるさと納税おすすめサイトは、「さとふる」です。この記事では、各サイトのポイントや特徴を挙げ、比較をしたうえで、さとふるをおすすめする理由についてお答えしていきます。...

確定申告が不要!ふるさと納税ワンストップ特例制度とは?

ふるさと納税する際に確定申告が必要ないケース

•寄付を行った年の所得について個人で確定申告を行う必要がない方(会社で一括して年末調整を行う一般的なサラリーマンの方など)

•1年間のふるさと納税寄付先が5自治体以内の方

上記のケースに該当する方は、「ふるさと納税ワンストップ特別制度」対象者となるので確定申告をする必要はありません

ただし、確定申告の必要がないと聞くと何もしなくても税金が戻ってくると思っていませんか?そのように思われている方は要注意です。

ふるさと納税ワンストップ制度を受けるためには、手続きが必要です。
ここ重要な部分ですからしっかりと頭に入れておきましょう!
ただし、難しい話ではなく、書類を返送するだけです。

具体的には、ふるさと納税返礼品と一緒に「申告特例申請書」の書類が届きます。
(一部市町村では、後日郵送で来ることもあります。)
この書類をゴミだと思って捨てないように気を付けてくださいねw
必要なものは

必要書類
  1. ワンストップ特例制度の申請用紙
  2. マイナンバー or 身元確認できるもの(免許証など)
  3. 封筒
  4. 切手

の4つです。
申請用紙に必要事項を記入後、ふるさと納税を行った自治体分、郵送してはじめて「ふるさと納税ワンストップ特別制度」を受けられます。

一般的なサラリーマンの方は、ふるさと納税の納税先を5自治体以内におさえて、申請書を返送すれば、確定申告不要、と覚えておけばよいでしょう。

ふるさと納税ワンストップ特例のイメージ(一般的なサラリーマンは5自治体まで)Wowma!公式サイトより引用

結論、ふるさと納税を合わせた合計金額から¥2,000(自己負担金)を差し引いた金額が控除対象額となります。
(ふるさと納税の納税額全体を幾らまでしたら良いかはシミュレーションしましょう。次の章で解説します)

他にも例をあげるなら、

) 所得税率が10%のAさん
Aさんが合計で30,000のふるさと納税を行った場合
¥30,000 − ¥2,000 = ¥28,000(所得税の還付金額¥2,800 住民税の還付金額¥25,200)

ふるさと納税控除額のイメージ

上記のように「さとふる」や「Wowma」などのふるさと納税サイトを使って、ふるさと納税をすればするほど、所得による寄付金限度額の範囲で受けられる控除額が大きくなります。

ふるさと納税をして人の役に立ちつつ、しっかり自分にも副産物があるってかなりありがたい話ですね!

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の申請提出期限は翌年1月10日!控除となるのは翌々年5月から

ワンストップ特例のイメージWowma!公式サイトより引用

初めての方でも手続きがとっても簡単な「ふるさと納税ワンストップ制度」ですが、提出期限は寄付をした翌年の110日ですから忘れないように気を付けましょう!

仮に忘れてしまっても寄付した年から5年間の間に確定申告(還付申告)もできますから大丈夫です。
また、「ふるさと納税ワンストップ制度」、「確定申告」のどちらを使っても控除額には変わりはありません。またさとふるをはじめとしたふるさと納税サイトごとでも控除額自体には違いはありません。

そこで、次に確定申告必要なケースについても同じように見ていきましょう。

コツさえつかめば確定申告なんて簡単!自宅にいながら申告もできる

まずは確定申告が必要なケースを確認

•寄付を行った年の所得について個人で確定申告を行う必要がある方(個人事業主で他にも収入があったり、投資などで給与所得以外の所得がある方など)

•1年間のふるさと納税寄付先が6自治体以上の方

上記のケースに該当する方は、「ふるさと納税ワンストップ特別制度」対象者となりませんので。確定申告をする必要があります

ふるさと納税で確定申告が必要なケースWowma!公式サイトより引用

必要書類
  1. 寄付受領証明書
  2. 源泉徴収書
  3. 還付金を受け取る口座
  4. 印鑑(シャチハタやゴム印はダメ)
  5. マイナンバーorマイナンバーを確認できる書類+本人確認書類
  6. 封筒と切手(郵送で確定申告をする場合/直接手続きやネットを利用しての場合は必要ない)

これらの書類を手元に置いておけば確定申告の手続きもスムーズに終わります。
確定申告の申請書は、

・全国の税務署
・国税局HPの中にある確定申告等作成コーナー

のいずれかで手に入ります。
国税局のHPを利用して申請書を、という場合は、プリンアウトして利用しましょう。
さらに、ネット時代だけあって便利な

電子申告e-Tax

という方法もあります。
こちらは、申告書を印刷する手間と書類を提出(又は郵送)する時間が必要ありません。
なぜなら、書類の作成から申請までをパソコン上で行えるからです。
e-Taxだったら忙しい人でも仕事や家事の隙間時間に行えるのでとっても便利ですね!

ふるさと納税確定申告の締め切りは3月15日締め切り!

必要事項を記入した後は、提出するだけです。
確定申告申請書の提出期限は、215日から315です。

私も毎年不動産投資の確定申告を提出しています。
仮想通貨投資をはじめてからは、毎回カオス(?!)な申告になっていますw。

ただし、ふるさと納税以外に確定申告する事案がない方は還付申告となりますので1月1日から受け付けています。

また期間内は、夜間でも提出できるようにポストがありますし日曜日でも開庁していますので安心してください。
ただし、郵送の場合には消印日を提出日と認めるので日時に余裕を持って手続きをおこないましょう。

ふるさと納税の確定申告は5年までさかのぼって手続きできる

もし今年ふるさと納税の確定申告や還付申告をし忘れても5年後までなら手続きを行えます。
だから、今回忙しくて手続きをしている暇がなかったという方でも大丈夫です。
そこで確定申告又は還付申告をし忘れてしまった時の手続き方法については下記のようなポイントとなります。
ご参考になさってください。

還付申告(ふるさと納税だけのために確定申告される方)
寄付した翌年1月1日から5年後までに「期限申告」の手続きをする。

・確定申告をする人
寄付した年から5年後の確定申告期限日3月15日までに「更正の請求」をする。
更正の請求書は、国税庁HPで入手できる。
更正の理由と寄付金額を記入し税務署に提出する。(マイナンバーor本人確認書類などが必要。)

ふるさと納税の確定申告、要不要の判断・手順まとめ

確定申告の要不要フローチャート

ふるさと納税「さとふる」確定申告は必要か必要でないかさとふる公式サイトより画像引用

確定申告と聞くと手続きが面倒だし、時間も掛かると思ってしまいますよね。
だから、ふるさと納税は税金が控除される上にお礼品まで届くという話を聞いても気乗りしない方も多いはずです。

しかし、確定申告がそもそも必要がない方もいますし、実際に確定申告もそれほど難しくありません。
初めて確定申告をした時に「すごく簡単!」と私自身も思いました。
分からないことがあれば、最寄の税務署や青色申告しているひとであれば、地域の青色申告会で聞くことも出来ます。

また、現在ではネット上で全ての手続きが行えるので忙しい人でも家にいながら事務手続きができます。
この機会に「さとふる」を使ってふるさと納税をして、税額を少しでも控除しましょう!

ふるさと納税おすすめサイト「さとふる」はお礼品の到着が早い!\返礼品が早く届く!/ さとふる公式サイトで無料会員登録し、最新キャンペーンを確認する

ふるさと納税
【2019年最新版】ふるさと納税おすすめブログ記事まとめ&サイトランキング評価!このページでは、ふるさと納税を有効に活用するための、『おすすめふるさと納税サイト』および当ブログ内の記事をまとめていきます。 お好...

ふるさと納税漫画解説1「税制メリット」「特産品がもらえる」>>マンガの続きはこちら!!

ふるさと納税意味が分からない人へマンガで解説
【ふるさと納税のわかりやすい仕組み】意味が分からない初心者の方へ、漫画・イラストでシンプルに解説!【漫画で解説!】ふるさと納税の仕組みについて、まだ意味不明・意味が分からない人へ、漫画でシンプルにわかりやすく解説する記事です。ふるさと納税は「翌年の住民税の前払いで、税金を寄付の形で前払いした先の自治体(どこでも選べる)から、返礼品がもらえる。寄付した分、翌年は住民税が少なくなる(前払いしているので当然)、手元には返礼品がある!」という流れです。...