暗号通貨・暗号資産

【最速レポート】KAZMAX(吉澤和真)トレードサロンKTS忘年会!

KAZMAXサロン忘年会

私はサロン入会はしておりませんが、個別でご連絡いただきKTS忘年会に参加・取材させて頂く運びとなりました。

2019年6月30日追記:
サロンについては様々な報道がありましたが、私はサロンに入会しておらず真偽を把握していない状態です。

ただし、結論、アービトラージシステムのプロジェクトからは、きっちりこちらの指定金額を出金できました。アビトラの件については、事務局およびKAZMAX氏は誠意ある対応です。

また法人同士で実施しておりますので、もし社会的に不適切な状態が把握できましたら、当社の規約に則り解除の方向性となります。

以下は過去記事です。
今後、更新することは有りません。
ただし重ねて言いますが、アビトラの件に関しては2019年6月30日時点では、誠実ある対応です。

(過去記事)トレードサロンKTS忘年会 ゲストセミナーの部

■KTS忘年会日程:
2018年12月29日(土)@渋谷某所

■内容:
セミナーの部 14時~18時
懇親会・忘年会 18時~20時

■参加人数:
約1,200人+スタッフ・会場関係者の方々

各個別の詳細については、セミナー内のクローズド情報につき伏せております。

投資家 sixamo(ししゃも)さんの短期スキャルピング講座

ししゃもさんの、短期スキャルピングに関する解説講座です。
参加者からのQAに対しても、丁寧に答えられていました。

トレーダーBTCこわいさんのリスクリワード講座

リスクリワードに関して、初心者にも分かりやすく解説していました。
「利確が早く、損切できない」負ける投資家・勝てない投資家にならないよう、具体的な考え方や手法を交えて、お話されていました。

個人投資家 700ニキa.k.a.アニオタさん 心構え、ローソク足解説・リバの取り方

イケメンですね。
私が特に印象的だったのは、リバの取り方ですね。
超具体的に、BTCがストンと落ちた後のリバの取り方のポイントを解説されてました。

※12月31日追記:後日Twitterで、ご本人がこの「BTCリバ取り」についての、ヒントTweetをあげていらっしゃったので追記です。

高沢健太さん 株取引(RCIとボリンジャーバンド活用)講座

株トレードにおいて、インジケータである「RCI」と「ボリンジャーバンド」を使ったシンプルなトレードのルール・考え方について解説されていました。
(シンプルですが、なるほど、と参考になる内容でした。)

※参加者全員に、著書をプレゼントされており、更にサインしてくださいました。
高沢健太さん株の本

値幅名人 高沢健太の億トレ投資法 【DVDブック】史上最速! 最小知識! で1億円 [ 高沢健太 ]

created by Rinker
¥1,512
(2019/07/15 17:10:14時点 楽天市場調べ-詳細)

内容ダイジェスト

トレード手法・考え方

目次と概要レベルでどんな内容だったか紹介します。
詳細は当日のセミナー事項につき、割愛させていただきます。

トレードについて
  • トレンドに乗ることが大事
  • トレンドの節目
セオリー
  • フィボナッチライン
  • 値の節目
  • 意識されるサポート/レジスタンスラインとは?
  • 攻防時の三尊or逆三尊
  • 日足トレードライン/200日移動平均線の見方
  • 細かい値動きへの対応は?
狼狽しないために
  • レバレッジ管理を徹底
直近の大きなターニングポイント
  • 2018年11月時の65万円ラインの攻防
  • ビットコインの大底
  • 意識すべき節目
暗号資産(仮想通貨)の未来
  • 現時点では大口がやりたい放題
  • 来年以降の値動きは?
  • 税金・法制度はどうあるべき?
分散投資の優位性
  • 資金を分けることで損切りしやすく
    (メンタル面にも◎)
  • チャートを読む力をつければ為替にも応用
    (正直、BTCのチャートは株・為替に比べて難しい、という見方)
  • 複数の金融商品に触れてマーケットを多面的・立体的に理解

最後のKAZMAXさんのコメントの、
トレードは非常に難しいこともあるが、やはり『夢と希望』にも満ち溢れている」という言葉が印象的でした。

取引において、大口に搾取されぬよう、たゆまぬ努力と研究・実践を真摯に続けていく姿勢が頼もしいですね。

クロストークその1 税理士講座(法人化について)

KAZMAXさんの顧問税理士さんを交えての「法人化」に関するクロストークでした。

やはり、暗号資産(仮想通貨)に関する個人の税制は、現時点では雑所得扱いになっており、最高で55%の課税ラインになってしまう事は税制上、避けられない状況です。

個人から法人にすることで、そもそもの税率を抑える事ができるメリットに加えて、損益通算・経費の付け方など、様々なポイントについて解説されていました。

クロストークその2 インフルエンサー編

第一部のゲストセミナーでお話された方々に加えて、インフルエンサーの指針さんやあわさん等を交えたトークセッションが行われました。

順不同ですが、出ていた意見としては、抜粋ですが

  • 株の下落により、株クラスタから仮想通貨にまた流れてくる可能性
  • ICOは2018年はとにかく最悪だったがまた復活するかも
  • 仮想通貨のように、日経もすぐリバる期待をしてはダメ
  • Twitterを観測し、一般トレーダー達の意見の収束が、決済ポイント(大口もTwitterなどを監視している?「世間の温度感の察知」というコメントあり)
  • リスクリワード・損切りの考え方を必ず守る

などでしょうか。
私が印象的だったのは、コメントのひとつで(アニオタさんだったかな?)、

「自分が取ったポジションと、必ず逆ポジションの視点を考えること」が大事、という意見でした。

例えばショーターだったら、ロンガーだったらどのポイントを狙ってくるのか、など・・
逆もまた然り、という事です。

クロストークその3 ウルフ村田×高沢健太

ウルフ村田さんのオンザステージ・独壇場でした。

マシンガントークで会場もかなりウケてましたねw
「洗濯ばさみで目開けて銘柄探せ!」とか。

あまりにもマシンガンで議事メモが取り切れませんでしたw

とにかく「明確な波動」でTwitterを検索しましょう

私も、今後”明確に波動を感じる銘柄”に着目していきたいと思います。

クロストークその4 野口卓也×三崎優太


クロストークがとにかく豪華ですね。

メンズスキンケアを追及するバルクオムを立ち上げて、次世代を担う若手経営者としてForbes JAPANの「30 UNDER 30(30歳未満の30人)」に選ばれた野口卓也さんと、
メディアハーツ代表&投資家で、FABIUSブランドを立ち上げて青汁王子と呼ばれている三崎優太さんがゲストでした。

野口さんの、最初の会社は倒産させてしまいツラい時代を過ごした話や、三崎さんの〇病の話など(会場大爆笑、イケメンなのに何ひとつ隠さない三崎さん)、この3人だから出てくる話が大変面白かったです。

私が印象的だったのは、参加者からの質問を受け付けるコマがあり、最後の質問者の方の

メンズコスメや健康食品通販など、競合も厳しい業界だったと思うが、優位性は何だったと思いますか?

という質問に対して、お二方ともすぐ自信をもって、自社の強みを回答されていました。

経営者自身が、自分の言葉で自社の強みをしっかりと語る事ができる、というのは素晴らしいことですね。

お二人から直接お聞きすると、非常に思いが伝わってくる良いお話でした。

バルクオム

  1. ターゲット向けに「心地よい使用感」を訴求した
  2. クリエイティブさ・格好良さ」を前面に押し出した

※他のコスメなどが、「成分が〇〇」、などの訴求をしてくる中で、上記2点のみに特化して、集中的に突破

 

メディアハーツ

  1. マズイ青汁が主流の中、フルーツ青汁という「美味しさ」を全面的に訴求
  2. テレビCM主流の時代に、インターネット広告のみに特化した

※元アフィリエイターの三崎社長ならではのお話でした。私もいちブロガーいちアフィリエイターですが、非常に参考になりますね。

※12月31日追記:セミナー当日、三崎社長の海外への引っ越しの話も出ていました。「飽きて戻ってくるかも」のような事もおっしゃっていましたがw
ご本人もTweetされてましたね。

まとめ

参加者のトレーダーさん達の「熱量」が一番、半端ない

これだけのメンバーが集まる会を開けるのは、彼の人望なのでしょう。
私が更に最も印象的だったのは、参加者のトレーダーの方々の熱量です。

そこかしこで「ショーター」「中長期目線」などのグループが出来ており、チャート論や今後の展望など、1200人居て、皆んな楽しそうにトレードの話しかしていない、という凄まじい集団でした。

もちろん中には、レバレッジ管理がうまく行かずに焼かれてしまった人も居るでしょうし、爆益で笑いが止まらない人も居たでしょう。

人それぞれ置かれている事情と、今後の目線は異なったりするかもしれませんが、皆自分自身のトレードに、「夢と希望」を強く持っているのだと思います。